ヘアメイク松田未来の「私らしく生きる美容論」

vol.29 メイクで作る“なりたい私”が女を育む

SPECIAL HOLICS編集部 2019.11.16

「自信が湧いてくる!」「女に生まれて良かったと思える♡」「自分のことが好きになれました」そんな声が多く寄せられるヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんの超人気連載「私らしく生きる美容論」(毎週土曜配信)。きれいになれるだけじゃなく、毎日を機嫌よく過ごすためのアイデアと、未来さんが心から良いと思った美容アイテムのみをご紹介。自分らしい人生を生きるための“私だけの味方”に変えてーー。

メイクで作る“なりたい私”が女を育む

朝晩めっきり冷え込むようになり、空気も乾燥している。

乾燥は肌にとって大敵だけれど、凛とした静けさのある冬の乾いた空気は清潔感があって好きだ。

冷たい空気に包まれながら飲むあつあつのコーヒーはおいしいし、カップを持つ手がじんわりと温まっていくのも幸せを感じられて良い。

モヘアのニットや、ウールのコート、ブランケット......おしゃれがぐんと楽しくなる季節が、いよいよやって来た。

そして、暖かそうな装いに合わせるメイクアップは楽しい。

真っ白なふわふわのニットにラメ感が美しいシャドウを瞼にのせたり、
ブラウンのコートに合わせて、ブラウンのリップでワントーンコーデを楽しんだり、
黒いタートルネックにカシス色のチークを合わせたり......。

冬のメイクアップは、ファッションと同様に“あたたかみ”をテーマにしたり、凛とした空気に合わせて“澄みやかさ”をキーにするのもいい。

寒くなってくると甘い香りや重みのある香りを纏いたくなるように、メイクアップも夏には到底できないことに挑戦してみることをおすすめする。

体温がほんのり高く見えるような、ピンクがかった肌も可愛いし、ベビーピンクのチークを広範囲に入れて“幸せ度”の高い表情を作ってみたり。
 
冬は幸福度の高いメイクアップがよく似合う。

冬は日が短く、風も冷たい。なんだか人肌恋しく思える季節だから、温かさや、優しい温もり感を無意識にみんなが求めているからだろう。

寒い夜、帰宅した時にあるとうれしいあつあつのスープと同じように、寒い日に、温かそうな肌の柔らかい表情の女の子が隣にいたらホッとする気がするのだ。

そんなことを考えながら、メイクアップするもなかなか楽しいもの。

「今日はどんなニットを着よう?」
「今日はどんな表情を作ろう?」

優しい気持ちでメイクアップをすると、自然とあたたかい表情が作れる。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード