ヘアメイク松田未来の「私らしく生きる美容論」

vol.3 きれいへの近道。女性の美しさは指先に宿る

SPECIAL HOLICS編集部 2019.5.18

「自信が湧いてくる!」「女に生まれて良かったと思える♡」「自分のことが好きになれました」人気ヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんの考える「女を磨く美学」には、きれいになれるだけじゃなく、毎日を機嫌良く過ごすためのアイデアがぎゅっとつまっています。新連載「私らしく生きる美容論」(毎週土曜配信)では、未来さんが心から良いと思った美容アイテムのみをご紹介。自分らしい人生を生きるための“私だけの味方”に変えてーー。

Vol.3「きれいへの近道。女性の美しさは指先に宿る」

「素爪のきれいな女性になること」

ここ最近、本腰を入れて意識を見直している指先のケア。

ジェルネイルやマニキュアはせず、爪の表面をなめらかに整えたり、甘皮の処理や保湿をしてもらうためにサロンに通っている。

それまでは、乾燥して傷んだ爪にカラーをして蓋をするように、素爪のダメージに気付かないふりをしていたかもしれない。

初めてサロンでケアだけしてもらったときのこと。
「見て見ぬふりをしていた素爪を美しく整えておけば、自分のパーツを隅々まで見られても大丈夫!」と、自信を持って歩けることに、ひとり気分が高揚したのを覚えている。

傍からみるとほんの小さな自信かもしれないが、自分の中ではとても大きな出来事だった。

潤った艶やかな指先は、“自慢のわたし(のパーツ)”だ。

そしてその指先は、人となりまでも映し出す。

「きれいでいること」を当たり前としている=自分を大切にする時間をきちんと作って生活している人は、男性はもちろん、仕事相手や女性から見ても魅力的に映る。その逆も然りだ。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード