恋愛の教祖・DJあおいにアラサー女子の恋のお悩み相談vol.1

DJあおいさんに質問「“いい男はすでに結婚しちゃってる”ってホント?」

LOVE HOLICS編集部 2019.7.24

Twitterで綴った独自の恋愛観が多くの女性に刺さり、36万人以上のフォロワーをもつ謎の主婦“DJあおいさん”。新著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』(幻冬舎文庫)を発売したばかりのDJあおいさんへ、アラサー・HOLICS世代の女性のリアルなお悩みをぶつけました!

Q.結婚を考えられる彼氏がほしいのですが、「いい男はすでに結婚している説」は本当でしょうか?

「彼氏いない歴7年。今の生活で出会いがないわけではないのですが、あまりにブランクが長く、どのように相手を選んだらいいのかわからなくなってきています。すでに結婚も視野に入れる年齢になっていることもあり、彼氏というよりは結婚相手を選ばなくてはと思うとなおさらです。友達がよく“いい男はだいたい結婚しているからね〜”と言うのですが、それって本当なのでしょうか? そうだとしたら、独身の“いい男”にはどこに行けば出会えるのでしょうか」(27歳・プレス)

A.いい男は人によって違うもの。「最高な人」ではなく、「最適な人」を見つけること

結婚している男性がモテるのは、ガツガツしていなくて余裕があるから。でも、クズでも結婚しているんですよね。そういった意味では、結婚している男がみんな「いい男」ではなく、当然独身で「いい男」も世の中にはいるわけです。

問題は、あなたがどんな男を「いい男」としているのか? という点じゃないですかね。

出典: gettyimages

「いい男」=「最高な人」ではない

よく女性は「いい男」と言うけれど、それって「最高な人」を見つけようとしているんですよ。つまり、かっこよくて、いい会社に勤めていて、優しくて面白くて、子供が好きで、おまけに背も高い。それでいて自分だけを愛してくれる人。誰にとっても、どこに出しても「本当に素敵な人だよね」と言われる、最高な人です。

そんな最高な人は残念ながらめったにいません。もし仮にそういう男性がいたとしたら、ピンポイントで魑魅魍魎の女性が殺到するでしょうが、まず相手にされないでしょうね。

大事なのは「最高な人」ではなく、「最適な人」を見つけることです。
人というものはみんな違うものなので、「いい男」の定義もそれぞれ違って当然なんです。みんなにとって「いい男」である必要はなく、あなたにとって「いい男」を見つけられれば幸せになれますよ。

優先するのはときめきではなく、「フィーリング」

出典: gettyimages

「最適な人」とは「フィーリングが合う人」。よく言われる言葉ですが、趣味が合うとかそういうことではなく、話していて心地よい人のことです。会話は最大のコミュニケーション。緊張してまともに話せない、つい彼に話を合わせてしまう、という人は、フィーリングが合っていないんです。

フィーリングには、会話の他にも心にとめておいてほしい3つの相性があります。

・生活リズムが合う
・金銭感覚が合う
・食の好みが合う

これらの相性がいいからといって必ずしもうまくいくわけではありませんが、これらの相性が悪いとだいたいうまくいきません。この3つの相性が合えば、生活におけるストレスは発生しづらいですから、必然的に相手に対して心地よさが生まれるというもの。この心地よさこそ「フィーリングが合う」ということなんです。

そういう人は案外近くにいるかもしれませんね。

なかには「最適な人」はまわりにいるけれど、ドキドキしないという人もいるのではないでしょうか。でも、結婚を考えているのであれば特に「ドキドキしたい」なんてもってのほか。そういったときめきは大抵3〜4年で終わりますからね。ときめきを求める関係はきっと長続きしません。

結局のところ、女性という生き物は理想を追い求めすぎているんですよ。

恋愛の教祖・DJあおいにアラサー女子の恋のお悩み相談vol.2はこちら▶︎ 

イラスト/大窪史乃

DJあおい

謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人、サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、フォロワー15万人を抱える。公式ブログ『DJあおいのお手をはいしゃく』は月間約600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。著書『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』(幻冬舎)のほか、はあちゅうさんとの対談を記録した電子書籍『言葉で心をつかむ。 私たちが考えていること、続けていること。』(幻冬舎plus+) も好評発売中。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード