すべての女性のための偏愛ミュージアム

愛したら最後。寒い冬をますます寒くする“寒風男子”にご用心!

LOVE HOLICSオリジナル 2017.12.5

今年も寒くなってきましたね。そんな季節に、体だけでなく心も寒くさせる男たちのエピソードを紹介。あまりの寒さに別れを決意したり、体調を崩したり……。読むだけでも思わず震える、寒風男子にご用心!

温かい夜になるはずだったのに……コールドクリスマス

クリスマスに起きた寒〜いエピソードを紹介。まわりがあったかオーラを放っているだけに、よけい寒さが身にしみます!

「冬のボーナスでフンパツ!! 大人のオンナになるべく、本格的なムートンのコートを購入! ベージュの毛皮のフカフカな手触りがたまらないの♡ トップスは女子っぽい赤いニットを着て、いざ、クリスマスデートへGO! ところが、彼の第一声は『プーさんみたいだね』……。恋人たちが行き交う聖夜に『みんなが、私のことプーさんだと思っていたらどうしよう』と思うと気もそぞろに。イルミネーションを見に行く予定だったけどキャンセル! 足早に帰りましたよ……」(メーカー・27歳)

with2016年1月号

ファッションあるあるですね! タンクトップを着てたら「レスラーみたい」と言ってきたり、萌え袖を着てたら「サイズ合ってなくない?」なんて突っ込んできたり。男性は、もっと女子のファッションを勉強してほしいですよね!

「片思いしていた会社の先輩、阿部さんと二人で営業に出た帰り、キレイなイルミネーションを発見。『ちょっと見て帰りませんか?』と、思い切って声をかけて、しばらく二人で眺めていたんです。『キレイだな〜』。阿部さんも、感動しているみたい♡ でも、その横顔がなんかおかしい。よく見たら、鼻から水バナがダラーッと流れている! しかも、コートの袖口がテカってるんですけど!? まさか、そこで拭いました? 幻想的な空間で、幻滅させられた切ない思い出です」(IT・25歳)

with2016年1月号

憧れていた人の鼻水と鼻毛は、女子にとって2大ガッカリですよね! 

「クリスマスイブ、家に来た彼が2時間半後には、『仕事に戻らなきゃ』と忙しそうに帰った。翌日、『昨日は美味しいフライドチキンをありがとう』とメールが! けれど、そんなものをつくった記憶はなく、彼のメールを隠れて見たら、クリスマスイブに5人の女とパーティしていた」(27歳・会社員)

VOCE2107年1月号

うわーん、悲しすぎます! どうせなら他の女性たちに連絡とって、みんなで復讐しちゃってください!!

小さい頃クラスにも必ずいた。ナゾな薄着を貫く“風の子男子”たち

「俺はマッチョだから寒くないんだ!」とばかりに、冬に薄着を貫いている男性って多いですよね。見ているこっちが寒くなるので、正直やめてほしいです……。

「うちの弟(21歳)は、年中無休でクロックスを愛用中。真冬の木枯らしの中、穴の開いたサンダルに素足で寒くないのかと思っていましたが、最近、しもやけに」(30歳・事務)

VOCE2017年1月号

普通に寒いんじゃないですか! ちなみに日本に来ている外国人観光客も、冬でも半袖の人が多くないですか? あれも本当は寒いのか、平気なのか、すごーく気になってます!

「うちの彼氏は、一年中サーフィンをやっています。気温が氷点下でもやるので、ウェットは、帽子から靴下までフル装備。モジモジ君状態です。あのいわゆるオシャレなサーファーの姿とはだいぶ違う」(35歳・販売員)

VOCE2017年1月号

それが冬サーファーの現実なんですね。サーファーってチャラいイメージがありましたが、モジモジ君になってまでやってると知ったら、ちょっとリスペクトかも!?

「『全身の脂肪が寒さに負けじと動き出して、痩せるんだ!』と力説しながら、真冬でも半袖シャツで出社する上司。体重100キロ以上のおデブさんで、薄着だろうが基本的に額は汗でダラダラ。デスクで毎日、ガムシロップを大量投入したアイスコーヒーを飲んでいます。なのに、シャツから出ている腕だけは鳥肌が立っていて、ちょっとしたホラーです……。暑いのか寒いのか、痩せたいのか痩せたくないのか、ハッキリしてください!!」(金融・26歳)

with2016年1月号

「脂肪というコートを着ているんだ」と言い出す人、冬になると必ずいますよね。あれ、リアクションに困るからやめてほしいですよね〜。

近寄らないで!風邪を悪化させる“ウイルス男子たち”

寒い冬。風邪ぎみのときに、凍える言動でますます風邪を悪化させられた。そんな迷惑すぎる男性たちのエピソードを紹介!

「風邪をひき、デートの誘いを断った。すると、真冬だというのに、彼が家の下にある電信柱の陰からじっとこちらを見ているではないか。『家に行くと気を使わせるから、ここから見ているよ♡』とメールが。彼なりの看病だったのかもしれないけれど、怖すぎるので、すぐに別れた」(25歳・旅行関係)

VOCE2015年3月号

くしゃみをしたときに、咄嗟に「風邪!? うつすなよ」と言う男性も最悪ですが、これもこれで震えますね。何より、そんなところから見られていると思ったら、治るものも治らなくなっちゃいますよね!

「冬生まれの私のために、彼がプレゼントをくれることに。『薄着で来てね♪』とリクエストされたので、寒空の下で震えながら待っていたら彼が登場。『これ、あげる! 寒いからすぐに着てみて!』と、手編みのセーターを渡してきたんです。イニシャル入りの、めちゃダサい一着を……。あの〜、ここ、表参道なんですけど。返品したいけど、とりあえず寒い! 背に腹は代えられず、“ノロケ女”感たっぷりのコーデでオシャレなイルミネーションを見に行くハメに……」(商社・26歳)

with2016年1月号

着なくても寒い、着ても寒い。しかも手編みという重さも、また寒い! 何をどうやっても、体調悪くなっちゃいそうです〜。

「喉に我慢できないほどの痛みが発生。内科では不安だったので耳鼻咽喉科に行くと、『僕には、よくわからないな〜』と先生。喉の専門医でもわからないほどの大病なのかと思ったら、ほかの病院で『風邪ですね』とあっさり」(26歳・主婦)

VOCE2015年3月号

「救急車内で、隊員が私の血圧を測り、『やばい! 脈がない』と慌て、心臓マッサージを開始。あまりの痛さに悶えながら『い、生きています』と伝えたら、『蘇生!』と隊員がドヤ顔をしていた」(38歳・営業)

VOCE2015年3月号

うわー、ぐったりしますね。こんなお医者さんたちに出会わないためにも、皆さん、体調管理にはくれぐれも気をつけて!

クリスマスにガッカリさせられたり、風邪を直すために訪れた病院で余計震えさせられたり、寒い男たちはいついかなるところに現れるか分からないもの。女子の皆さん、今年の冬も充分にご注意ください!!

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事