「時間やお金をかけると手放せない」横川楓直伝・恋の行動経済学♡

LOVE 2018.11.18

2017年ノーベル経済学賞を受賞したことでも話題となった“行動経済学”を知っていますか? 平成生まれのお金の専門家・横川楓さんが、その行動経済学を“恋”に応用! 読んですぐに実践できて、しかも効果抜群! あなたの恋が変わるちょっとした心がけをご紹介します。今回のテーマは『コンコルド効果』。それって一体どんな効果!?

  • facebook
  • twitter

最近話題の行動経済学。買う予定のないものを買ってしまったり、損をしているのをわかりつつもそれを認められなかったりと、つい私たちがとってしまう「不合理」な経済行動を、心理学の観点を取り入れて解き明かしていく学問です。

そんな行動経済学には、人を動かすための色々な理論があります。それを恋愛に活用したら、どうなるでしょうか!? 平成生まれのお金の専門家・横川楓さんに聞きました。

なんだかもったいなくて手放せないもの、ありませんか?

クローゼットの場所をとっている着ていない洋服、あまり通っていない習い事の月会費、友達に誘われて行ったはいいものの、つまらなくて帰りたい会費の高い飲み会……。

そのままお金や時間をかけ続けても損失につながるとわかっているのに、「あともう少し続ければいいことがあるかもしれない」と思ったり、「今ここでやめるともったいない」という気持ちが強かったりすると、やめたいと思ってもなかなかやめられないものです。

このもったいなくて手放せないものたちを行動経済学では“サンクコスト”、損をするとわかっていてもやめられない状態を“コンコルド効果”と言います。

今の彼氏に執着せず、新しい彼氏を見つける決断を

してあげたことやかけた時間が多すぎて、結婚したいのになかなか結婚してくれない今の彼氏にもやっとし続けるより、すぐに理想をかなえてくれる新しい彼氏を見つけた方がいい。実際はそれがなかなか難しいんですけどね。
逆に、彼にお金や時間をたくさん費やしてもらえれば、あなたをなかなか手放せなくなるということにもなりますよ。

横川楓 平成生まれの経済評論家

ファイナンシャルプランナー(AFP)、経営学修士(MBA)、マイナンバー管理アドバイザーなどを取得し、平成生まれのお金の専門家/経済評論家として、「お金のことを誰よりも等身大の目線でわかりやすく」をモットーに活動中。現在お金の問題について『Cancam.jp』、『FINE BOYS』などで執筆中。一方で、プライベートではアイドルと漫画が好きな普通の20代女子。最近は某探偵漫画のトリプルフェイスにはまり中。

イラスト/こつじゆい

「行動経済学で恋愛力アップ♡」のほかの記事はこちらから

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事