教えてアドラー♡恋のお悩み “恋がうまくいかない”を変える勇気

LOVE 2018.8.4

ベストセラー『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎先生が、アドラー心理学にもとづいて恋愛論を綴った『愛とためらいの哲学』をもとに、恋のお悩みに回答するこのシリーズ。第2回は、「恋がうまくいかない」というお悩みをピックアップ。果たしてアドラーはどんな答えを授けてくれたのでしょう?

  • facebook
  • twitter

Q.いつも恋がうまくいきません……

出典: gettyimages

「人生で初めて付き合った人は本命彼女がいて、私は浮気相手でした。次の彼には何度も浮気をされ、最終的に浮気相手に乗り替える形でフラれました。今好きな人がいて、向こうも好意を持ってくれているっぽいのですが、彼にもまたいずれ同じ目に遭わされるんじゃないかと踏み出す勇気が持てません。このままだと恋愛じたいができなくなってしまいそうです……」(28歳・メーカー)

アドラーの答え: 「不幸なラブストーリーが数多くあるのは、おそらく読者がそれを利用するために求めるからであろう」

出典: gettyimages

『ベティ・ブルー』、『シザーハンズ』、『シェルブールの雨傘』……。世の中には不幸な結末に終わる映画があふれています。そして、それらはどれも多くの支持を得て、名作と称えられています。まるで、私たちの恋がうまくいかなかったときの、心のよりどころであるかのように。

「ドラマでも映画でも、ハッピーエンドな恋より、不幸な恋を描いたもののほうが支持される傾向があります。なぜかというと、『恋愛とはそんなものだ、決して幸福にならないんだ』と思っていたほうが、恋愛をしない口実になるからです。第1回の回答でも述べましたが、恋愛関係に入っていかなければ揉め事も起きず傷つきませんから。たとえば親が不幸な結婚をしていた場合は、『親のようになりたくないから』と、恋愛体験に入っていかない言い訳ができますよね。でも身近にそのような人がいない場合はどうすればいいか? 誰でも手軽に利用できるのが、ドラマや映画などの不幸なラブストーリーなのです」

傷つく恋愛はしたくない。しかしその一方で人は、「ドラマのようにドロドロした恋愛を経験してみたい」という憧れも持っている、と岸見先生は言います。

「不幸な話を見ることができるのは、『自分はあのような経験はしないだろう』とわかっているからです。憧れはあるけれど自分は経験したくない、という本音でしょう。不幸なドラマや映画というのは、いわば代理経験のようなものなのです」

出典: gettyimages

つまりドラマの主人公たちに、自分の代わりに傷ついてもらっているということ。そうして自分は、「確実に幸せになれる恋しかしたくない」と、どんどん臆病になっていく女性が多いようです。

「NHKの朝ドラを見ていても感じるのですが、展開が早いですね。恋愛だってプロセスに意味があるのに、皆さん、そういうところは飛ばしたがる。そうして結論がハッキリしている相手……、つまり社会的な地位があるとか高収入だとか、そういう相手を選べば幸せが約束されていると勘違いしてしまいがちなのです。そういう相手とだって、上手くいかないことはたくさんあるのに」

さらに岸見先生は、「結婚は大抵ハッピーエンドではない。むしろアンハッピービギニングかもしれない」と言います。

「『愛とためらいの哲学』にも書いたのですが、結婚してから二人の関係を育んでいくことは、結婚に至る過程と同じくらい難しいのです。愛を育む努力をしなければ、二人の関係はたちまち終わることになるでしょう。でも多くの人は、その事実に蓋をして『結婚しよう』と思ってしまいます。よく『この人と結婚することにためらないはなかった』と言う人がいます。たしかに私は、『対人関係は大変だけれども、対人関係の中でしか幸福を得ることはできないから思い切って飛び込みましょう』という話をすることがあります。だからといって、安直に飛び込むのは違う。ためらいなく安直に結婚に飛び込む人というのは、先に言ったように、ただ一点、安定した結婚を求めている人たちでしょう。そういう人たちは、安定の中に幸せがあると勘違いしているのかもしれません」

しかし、どんな関係にも“確実”はないのだと岸見先生は言います。

「本当は今日一緒にいられることがもう幸せなのです。そのことに思い至らないから、『うまくいかないかもしれない』と踏み出さなかったり、地位のある安定した人と結婚しようとしたり、非常に甘い考えを持っている人が多いのでしょうね」

A 今日一緒にいられることがもう幸せなのです

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事