雨宮ゆかさんが花と暮らす、2階建て73㎡の小さくて心地いい家

LIFESTYLE おとなスタイル編集部 2017.11.4

23坪の土地に建てた3LDK、73㎡の2階建。フラワーアーティスト雨宮ゆかさんの自宅は、有名な建築家中村好文さんの手による、小さくても豊かな暮らしが広がる、暖かみのある家です。お風呂はなんと五右衛門風呂! まるで山荘のような心地よい空間をお見せします。

  • facebook
  • twitter

雨宮ゆかさんは、東京・大田区で日常に根ざした生け花を教える「日々花」主宰。各地で講座、ワークショップ、展覧会を開催したり、『花ごよみ365日』(誠文堂新光社)という著書もあるフラワーアーティストです。雨宮さんの自宅は、川崎市の郊外、田園つづきの丘の上に立つ一軒家。写真家のご主人が「自然光のスタジオにもなる、五右衛門風呂のある家」を作りたいと話していたら、それを聞いた建築家の中村好文さんが「いいね、やろうよ!」と手がけてくれたそう。薪を焚ける場所に、借入額を最小限にするため、小さな家を建てました。床材の調達や建具のDIYなど、できることは自分たちでやって資金を節約。仲間の手も借り完成したのは、セルフビルド風の暖かみのある空間です。

1階は、リビングとダイニングキッチン、バスルームのみ

リビングの壁はあえて「余白」にしてすっきりと

記事トップの写真はダイニングキッチン。そしてキッチン側から見たリビングがこちら。アンティークの小椅子に、野の花をそっと生けて。壁の余白を生かしたほうが花は美しく見えるという、プロならではのこだわりです。花や、教室用の大荷物を抱えて移動することの多い雨宮さんは「ドアが嫌い」なので、玄関も部屋の建具もすべてが引き戸。天然素材の床や壁が湿度を逃がしてくれるので、除湿器も不要になったそう。

「ガラス扉のものが欲しくて」輪島で探し出した水屋簞笥がこちら。四季折々の光と緑が映り込み、奥行きを醸し出します。

水屋箪笥の上段右下1/4のスペースは、花のために確保しています。

コーヒー好きの夫が愛用するアンティークのミルとともに、小さなゆとりの空間をディスプレイ。

プロの技を拝見!暮らしの中の植物の飾り方

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事