インテリアの達人♡行正り香さんのスタイルを見つけるルール4つ

LIFESTYLE おとなスタイル編集部 2018.5.12

春は、新生活を始める人が多い季節。引っ越しをする人はもちろん、環境が変わらなくても気分をリフレッシュするためにインテリアを一新しようと考えている人も多いのでは?そんなときにぜひ参考にしたいのが、料理家・行正り香さんの著書『行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデア』です。

  • facebook
  • twitter

今回のテーマは、インテリアの「スタイルの決め方」。理想のインテリアを実現するうえで、最初に決めておきたい「スタイル」を見つけるための4つのルールとは……。

インテリアを変えたいと思ったら、おすすめは映画を観ること

出典: 『行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア』

住み慣れた部屋でも、インテリアを一新すると気分も変わります。素敵な家に住みたい、もっと居心地よくしたい、と思っても、いざとなるとどんなインテリアでまとめたらいいのか悩むばかり。そんなとき、行正さんがすすめているのは、映画を観ることです。『恋愛適齢期』『マリー・アントワネット』『かもめ食堂』••••••。例えば、『かもめ食堂』が好きなら北欧カントリー風、『恋愛適齢期』ならば、アイボリー基調の北米コテージ風、というふうに。好きな映画が違うように、好きなスタイルも違います。自分に合ったスタイルを考えて、家具や家を見つけていきましょう。

「(中略)これらの映画には、インテリアデザインのプロ中のプロが、それぞれのスタイルで世界観をつくり上げています。壁、床、家具、カーペット、絵画、タオルまで、あるルールを持って選び抜いているため、理想のスタイルを見つけるときに参考になるのです」(行正り香さん)

『行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア』

ルール1 住みたい家のイメージ映像を、最初に見つける。

自分の中に出来上がりのイメージがないまま、インテリアをつくり上げるのは不可能です。まずは自分の「夢の家のイメージ探し」からスタート。参考になりそうな映画や本を観て、「どんな家に住みたいか」「どんなスタイルが好きか」を考えてみましょう。

出典: 『行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア』

「出来上がりのイメージがなければ、料理も美味しくつくれないのと同じです。まずは「私はどんな空間が好きなんだろう?」と考えつつ、おすすめ映画を観て理想のスタイルを探してみてください」(行正り香さん)

『行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア』

ルール2 好きなスタイルを徹底的に真似する。

“センスは一日にしてならず”。素敵だと思うインテリアがあるときは、ひとまずそれをそのまま真似をしてみましょう。高級ブランドの家具は買えなくても、似たようなテイストのものを探して上手に取り入れることで、少しずつでも着実に理想のイメージに近づいていけます。

出典: 『行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア』

「木や布の温もりを生かした『カントリー』スタイルにもいろいろありますが、私が好きなのは、北欧のカントリースタイル。映画『かもめ食堂』を思い浮かべると、イメージしやすいでしょう」(行正り香さん)

『行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア』

ルール3 スタイルを決めたら、分析して特徴を見つけ出す。

アーミッシュモダン=チェリー材、北欧モダン=フリッツ・ハンセン風など、それぞれのスタイルには、シンボリックな家具が使われています。その特徴的な家具の雰囲気を探し出して、うまく取り入れると、自分の好みのスタイルを実現しやすくなります。

  • page 1 of 2
  • 1

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事