目標はNOTガリガリ!ヘルシー美女になれるプロテイン活用術

LIFESTYLE 2018.7.24

血色が良くてハッピー感あふれるヘルシーな美女を目指すなら、まずは栄養でカラダを満たすことが先決。カラダづくりに欠かせないプロテインは、もはやマッチョな男性陣だけのものではありません! そこで毎日の食事で意識すると効果的なたんぱく質の取り入れ方と、おいしくて美容に効く成分の入ったプロテインパウダーをご紹介します♡

  • facebook
  • twitter

ヘルシー美女になりたいなら、女子だってプロテイン宣言!

出典:

プロテインとは、たんぱく質のこと。不健康に痩せるのではなく、引き締まったヘルシー美BODYを目標とするアラサー女子なら、カロリー制限よりもたんぱく質を意識して摂ることが効果的なんです。そこで今回は、うっすらと美しい筋肉のついた“魅せBODY”づくりに欠かせないたんぱく質を重視した毎日の食事法と、飲みやすいプロテインパウダーをご紹介します!

変な思い込みしていない!?プロテインにまつわるQ&A

出典:

プロテイン=マッチョな男性が飲むものというイメージから、プロテインを飲むと「バキバキの体になっちゃいそう」と心配する女子も多いはず。でもそれ、大きな勘違いなんです!

Q なぜ、女性にプロテインが必要なの?

「プロテインは筋肉を作る用」と思いがちですが、プロテインに含まれるたんぱく質は細胞や血管を作る上でもとても大切なもの。“代謝が良く、脂肪が燃えやすい”という理想的な体作りには、欠かせない栄養素なんです!

食事制限ダイエットをやめた途端に元の体重以上にリバウンド。これは、たんぱく質不足が原因のひとつ! たんぱく質は、細胞、血管、筋肉など、体を構成するもとになるもの。たんぱく質が不足すると血流も悪くなり、筋肉の材料がなくなるので、代謝が落ちて、脂肪が燃えにくくなる。運動をしなくても必要不可欠な栄養素なのだ。

VOCE2018年3月号

代謝に不可欠なのは筋肉や臓器を構成するたんぱく質。たんぱく質が少ないと、筋肉が分解され、内臓の働きも落ち、代謝が大幅ダウン。また代謝をサポートするビタミン、ミネラルは肉、魚、卵などの動物性たんぱく質にも含まれている。だから、野菜よりたんぱく質を意識して食べたほうがやせやすい体に。

VOCE2018年2月号

「食事制限を始めると、太りそうなイメージのお肉や乳製品を避けて、たんぱく質が不足することがあります。たんぱく質は、代謝を上げる筋肉はもちろん、すべての細胞の材料になるもの。また、たんぱく質を含む肉や魚には、代謝をサポートするビタミンB1やB2が含まれています。つまりたんぱく質をとらないと、燃焼しにくい体をつくることに。目安は1食につき20g。たんぱく質は腹持ちがいいので、食べれば満足度が上がり、間食も減らせます」(栄養管理士 安中千絵さん)

VOCE2018年3月号
安中千絵さん 管理栄養士

㈱タニタ勤務を経て独立。企業の食・健康事業のコンサルティングや商品開発に携わる。著書に『おやつで痩せる』(PHP研究所)など。

Q どれくらい摂ればいいの?

目標は毎食20g。意識して食事の内容を変えれば、無理ではない数字です!

体重1㎏につき1g程度。1食20gを目標にとる。ただし、肉を70gとったからといって70gのたんぱく質が含まれているわけではない。それぞれの食品のたんぱく質量をチェックして、1食につき数種の食材から20gとるのを目標に。

VOCE2018年3月号
  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事