睡眠の質を高めて「なんだか眠れない」「朝、疲れている」を解決!

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.1.22

睡眠は、健康的な毎日を送るために欠かせかないもの。だけど、なかなか寝付けないや睡眠が浅い、朝だるいなど睡眠問題を抱えている人も多いみたい。リラックスして快眠するには、生活習慣や睡眠環境を見直すことが大切です。今回は、就寝前のNG行為、おすすめの寝具(パジャマ)など、睡眠の質を高めるコツをご紹介します。

やっぱり冷えは禁物! 軽くてふんわりしたレッグウォーマーなら、しっかりと優しく足首までカバーしてくれるので◎。足先を折り返して使えるタイプを選べば、室内や体温に応じて温度調整できるのでおすすめです。

●正しい寝姿勢と寝具選び

出典:

上向き?横向き?どんな姿勢で寝るのが正解?

「横向きになって背中の風通しをよくするのがオススメ。お腹がゆるむことでリラックス効果も。」(快眠セラピスト 三橋美穂さん)

with2018年8月号

快眠したいなら、布団との接地面をミニマムに保ちましょう。横向きに寝ると、背中の風通しが良くなります。お腹がゆるむため、睡眠中のリラックス効果が高まるのも◎!

「シーツ」はどんなものを選んだらいいの?

出典:

「体が触れている部分が蒸れると不快指数アップ。」(快眠セラピスト 三橋美穂さん)

with2018年8月号

通気性の良いサラサラとしたシーツなら、汗や皮脂による布団のベタつきを防ぎやすくなります。特に寝苦しい夏は、熱や湿気を逃す構造のシーツを選べば、サラッと快適な寝心地をキープできます。掛け布団や毛布、タオルケットなど上から掛けるものと同じように、季節に応じてシーツを選んでみて。

腕と脚はやっぱりまっすぐ伸ばしたままがいいの?

「横を向くと上になる腕と脚は意外と重くて寝疲れの原因にも。クッションや枕を挟めばOK。」(快眠セラピスト 三橋美穂さん)

with2018年8月号

腕と脚は、クッションや枕を利用して“重さ”を軽減しましょう。横向きで寝ると腕と脚が重くなって、逆にリラックスできない場合も。クッションや枕を腕や足に挟めば、寝疲れを防ぎやすくなります。

●エアコンの温度

寝苦しい夏は、ついエアコンをつけたくなりますよね。でも、寝苦しいからといってキンキンに冷やした部屋で朝を迎えるのはちょっと......そんなときはどうしたらいいの?

  • 3/5ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード