青木由香さん発・台湾に行ったら買うべき「いいもの」生活雑貨編

LIFESTYLE おとなスタイル編集部 2018.2.4

『台湾の「いいもの」を持ち帰る』(¥1500 税別 講談社)は、台湾在住のコーディネーター青木由香さんが、台湾でしか手に入らない「いいもの」を紹介するエッセイつきの「ものカタログ」です。さまざまなメディアの現地コーディネーターとして活躍し、セレクトショップのオーナーでもある青木さんの確かな目と舌で選ばれたアイテムは、台湾好きならずとも欲しくなるアイテムばかり。今回は、青木さん自身も愛用している暮らしまわりの「いいもの」をピックアップしてご紹介します。

  • facebook
  • twitter

暮らしの基本は日々の食事。お弁当と調理に使ういいもの2つ

「食」への情熱が高い台湾だからこそ長く愛されている商品は、シンプルながらどこかノスタルジックな表情です。「そういえばこういうのあったなぁ」と思わせるルックスで、暮らしの道具としてはしっかり役立つ優れもの。台湾では、おしゃれな若者の家でも普通に使われています。

昔懐かしい雰囲気が魅力♡ステンレスのお弁当箱

出典: 『台湾の「いいもの」を持ち帰る』 極緻(ジーヂィ) 316方形便當盒(ファンシン ビェンダンハー) 329元

日用雑貨店やスーパー、デパートなどで扱っていますが、駅から近く、生活雑貨が豊富にそろう「勝立生活百貨」の勝立復興店で買うのが便利。最寄り駅は、MRT(地下鉄)台北捷運文山線・科技大樓站(テクノロジービル駅)。「勝立生活百貨」はほかにも台北市内に数店あり、どこからでも目立つグリーンの看板が目印です。

SHOP DATA
勝立生活百貨 勝立復興店
台北市大安區復興南路二段291號 TEL:02-2701-1195(9:00~24:00 無休)

便利で可愛い見た目も大人気!大同の電気鍋

出典: 『台湾の「いいもの」を持ち帰る』 大同電鍋(ダートォン・デェングォー)2430元

『台湾の「いいもの」を持ち帰る』の表紙を飾る大同の電気鍋。炊飯、蒸し物、スープまで、これ1台で調理できる便利なアイテムです。台北市にある青木さんのセレクトショップ「你好我好(ニーハオウォーハオ)」でも、限定色を扱っています。

SHOP DATA
台湾全土の家電量販店、もしくは大同直営の大同3C展售中心

台湾にしかない味のある陶器類は重くても持ち帰る価値あり!

旅行中で素敵な器や陶器を見つけると欲しいと思う一方で、いざ持ち帰るとなると重さや壊れやすさが気になります。その結果、買わずに帰国して「やっぱり買っておけばよかった」と後悔もひとしお。旅先でのものとの出会いは一期一会。次に来たときにもあるとは限りません。現地の人も愛用しているお皿やカメは、ちょっと重たくても持ち帰って正解です。

白い食器は、種類どっさり。好きなものが必ず見つかる♡

出典: 『台湾の「いいもの」を持ち帰る』 大同磁器(ダートォン・ツーチィ)40元〜

青木さんもずっと使っているという大同磁器の白い食器。台湾では有名店から小さな商店まで扱っている「気取りのない大衆の食器」だけれど、安くてシンプルで和洋中のスタイルを選ばない“カメレオン”みたいな魅力あり!

SHOP DATA
i use
台北市内湖區民權東路六段18-3號 TEL:02-2793-9588(10:30~21:30 無休)

米びつやぬか漬け用にも使える蓋つきのカメ

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事