趣味は男性アイドルのライブ♡譲れないから貯まらない女子改善講座

LIFESTYLE HOLICSオリジナル 2018.1.12

男性アイドルのライブに年に20回は行くという20代女子。お金を貯めても、取り崩してしまってなかなか貯まられないのが悩み……。さて、どうやったら貯められるようになるのでしょうか。お金のプロからアドバイスをもらいます!

ライブは譲りたくない!けれど貯金がないのも不安

村山陽子さん(仮名) 27歳・人材・実家暮らし

【マネーノート】
手取り月収 16万5千~20万円(残業代により変動)
ボーナス年間手取り 次回が初ボーナスのため不明(8万円程度の予定)
ひと月の貯蓄額 3万5千円~4万円
ボーナスからの年間貯蓄額 予定では全額貯蓄(8万円程度の予定)
1年間の貯蓄額 42万円+ボーナスの予定
現在の総貯蓄額 10万円

●1ヵ月あたりの出費
実家に入れるお金 1万5千円
水道光熱費 0円
携帯電話代 1万円
ネット代(wifiなど) 0円
食費(食材費・お菓子、飲料など) 1万円
外食費(平日のランチ、一人でカフェ、夕食を外で等) 1万3千円
交際費(友達とカフェ、ランチ、飲み会等) 6千円
日用品代 4千円
医療費 0円
服飾費 4万5千円
美容費(コスメ・美容院・ネイル・エステ等) 平均1万円
趣味・娯楽費 2万5千円
交通費 3千円
習い事など 0円
貯蓄 4万円(予定)

チェック1 男性アイドルにハマって出費が止まらない!

村山さんは、ある男性アイドルの大ファン。ライブに通い詰めているそう。

「各地域のチケットをまとめて申し込んでいるので、抽選で当たるまでどこに行くことになるかがわからなくて。遠い場所なら交通費や宿泊費もかさみます。でも、どうしてもライブに行きたいので貯金を崩します(苦笑)。友達から誘われると、あまり興味がないライブでも一緒に行っていますね。それを合わせると年に20回は行くかな。遠い会場のライブは、年に1、2回くらいにおさめようとは思っているんですが……」

ネットオークションで高いチケットを買うことも。

「本当に行きたいチケットを買えなくてオークションで10万円くらいで買ったり。CDやグッズなんかも買いますね。ただ、次のライブがあるから、仕事をがんばれる。自分でもお金をかけすぎなのはよくわかっているので、回数を減らすか、遠くに行かないようにしなきゃなと思うけれど……」

●プロのアドバイス 「生きがいは大事!だけど貯金も大事」

「男性アイドルのライブが生きがいなんですね。生きがいがあることは大事ですが、貯金が10万円というのは不安です。何を譲れないかを考えて、譲れるものの出費を削ることで貯金を確保したいですね」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

チェック2 洋服はセールのときにまとめて10万円ほど買う

洋服も大好きな村山さん。

「近所のショッピングモールで、年に数回セールがあって、まとめて10万円くらい洋服を買っています。よく考えたら年間で50万円くらいはいっているのかな……」

●プロのアドバイス 「ライブを優先するなら、洋服は削りどころかも」

「ライブに定期的に行って、洋服で年間50万円かかるというのは出費が大きいですね。ライブを優先するのであれば、こちらの洋服は削りどころかも。少しずつ減らすように意識してみてください」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

チェック3 お金を使わない!と決心しても、結局使ってしまう

「お金を絶対使わないと決めても、すぐ使ってしまう自分に呆れます」と村山さん。

「お給料だけで足りなくなると、貯金を崩してしまう自分に呆れますね(苦笑)。毎月10日を過ぎたあたりから手元のお金がなくなっているんです。さらに、遊びの予定が急に入ったりしたら、もう大きなお金が残っていません。貯金から引き出すしかないんです」

●プロのアドバイス 「手をつけられない場所に貯金を移して」


「貯金に手をつけてしまう場合は、気軽に手を付けられないように定期預金などに入れてしまうとよいですね。週にどれくらい使ったらよいか、週ごとに予算を立てて、それを守るようにするというのも手です」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

チェック4 平日ランチはなるべくお弁当を持参

自分なりに頑張っていることは、平日にお弁当を週に2、3回作っていること。

「営業職なので、外に出る日はランチが外食になりますが、週に2、3回は内勤があるのでお弁当を作っていきます。お弁当といっても、冷凍食材を電子レンジでチンして詰めているだけですが、せめてと思ってこれだけは節約を意識しています」

●プロのアドバイス 「メリハリを考えて、ランチ代を抑えていて◎」

「忙しいなかで、内勤の日にお弁当を作って、ランチ代をしっかり抑えている点は大変よいですね。出費のメリハリを意識できていると思います」(ファイナンシャルプランナー・大坪さん)

チェック5 次回初めてもらえるボーナスは、すべて貯金するつもり

最近パートから契約社員になり、次回初めてボーナスをもらえるそう!

「昔は正社員で働いていたのですが、すぐに辞めてしまって。その後パートタイムで働いていたのですが、4ヵ月前に契約社員に昇格しました。今度初めてのボーナスが出るんです。あまりに貯金ができていないので、『ボーナスは何があっても絶対に使わないで貯める』と決めています。違う口座に入れたら、母にキャッシュカードを預けようかなと」

自身最高の貯蓄額は50万円だそう。

「正社員だったころは、忙しくてライブにもいけないことが多くて、口座に50万円くらいありました。仕事は基本スーツで、一度買ったら洋服代もかからなくて、使わないからお金が残っているという状況。ところが今は、営業職なので、仕事さえ終われば、休んだり、自由に出かけたりもできる。仕事に縛られなくなった分、ライブには行けるのですが、その分お金も出て行ってしまうんだなと、つくづく感じています」

●プロのアドバイス 「ボーナスを貯めようと思っているのはOK」

「まず、次のボーナスを全部貯めるつもりでいるという点は大変いいですね。あとは、仕事をこれから元気に続けられたらよいことですが、体調を崩してやめたり休んだりという可能性は誰にでもあるので、いざというときに使えるお金をしっかり貯めておきましょう」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

チェック6 毎月4万円くらい貯めようと思いつつ、なかなか達成できない

毎月4万円くらいをコンスタントに貯めたいけれど……。

「契約社員になったときに貯金しようと思っていたのに、ずるずるときてしまいました。月に4万円が目標だけど、残業によって手取りが変わるので3万5千円から4万円くらいと、幅を持たせてもいいのかなと思っています。ま、今のところ貯金はできていないんですけど……」

毎月3万5千円や4万円という貯蓄額は、「なんとなく」という思いで決めたので、自分に合っているかがわからないそう。

「実家暮らしか一人暮らしか、手取り額がどれくらいかにもよると思うのですが、私のように実家暮らしで手取りが16万5千円から20万円くらいの場合は、月にどれくらい貯めるのがぴったりなんでしょうか。ライブなど、好きなものにお金を使おうとすると足りなくなってしまうし、そういうときは貯金を崩して使っていいものかなど、そういったお金の貯め方の基本ということを知りたいです」

●プロのアドバイス 「月に4万円から8万円は貯めたいところ」

「実家暮らしなので、できれば手取りの20~40%は貯めたいところですね。20万円の手取りなら、4万円から8万円くらいです。8万円貯めても、手元に12万円残るので、実家暮らしであればなんとか可能なのではないでしょうか。ぜひ試してみてください」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

チェック7 3つある口座の使い方に悩む日々

銀行口座が3つある村山さん。

「一つが、毎月の給与が入ってくるA口座。そこからお金を引き出して、クレジットカード分をカード用のB口座に入れています。もう一つのC口座に、毎月3万5千円か4万円を入れているのですが、結局毎月お金が足りなくなるとここから引き出してしまって……」

C口座は会社や自分の家の近くにATMがないそうで……。

「C口座からお金を引き出すには、電車を途中で降りないといけないので、少し手間がかかります。面倒だからやっぱり引き出すのはやめようかと思うことも、たまにあります(笑)。でもそもそも、この3つの口座をこの使い方でいいのか自信がなくて……」

キャッシュカードはなるべく持たないようにしているけれど、仕事柄、外出があるときは念のため入れているそう。

「自分でお金を引き出してしまうのはよくわかっているので、お財布にキャッシュカードを入れないようにしています。でも、営業職なので、万一外出中に交通費の電子マネーのチャージが足りなかったら大変だし、お付き合いで飲み会があったときの支払いが足りなかったら困るので、キャッシュカードを持っていくんですよね。そういうときに気持ちが緩んで、つい引き出してしまうんです」

●プロのアドバイス 「銀行口座は2つでOK!」

「口座の目的を分けている点はよいですね。ただ、クレジットカードの引き落としのために移すのが手間だと思うので、A口座とB口座を一緒にしてしまってもいいかも。銀行口座は2つで十分だと思います」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

【まとめ】これだけは譲れないという熱い思いは、生きる原動力に

最後に、ファイナンシャルプランナー・大坪さんにまとめの褒め&改善ポイントを聞きました!

●褒めポイント お弁当を作り、ボーナスを貯める予定という点

「ボーナスを貯めるつもりという点が◎。ぜひ実行に移したいですね。また、実家暮らしですがお弁当作りをがんばっている点も素晴らしい。ぜひ続けてほしいと思います」

●改善ポイント 今後も趣味を楽しむために、貯金も始めよう!

「大好きな男性アイドルのライブに行けるのも、お金があってこそ。これからもずっと行けるように、毎月少しずつお金を貯めることを意識しましょう。ライブがない時期は、ライブに行ったつもりでお金を貯めるなど、1年間あたりの貯蓄額が増えるように、コツコツ貯めていくことが大切です」

熱い想いがわきあがることは、豊かな人生に必要不可欠。これを機に貯金もスタートをして、村山さんの生きがいだというライブをこれからもずっと楽しめますように!

大坪美樹さん ファイナンシャルプランナー

ブロードマインド株式会社所属。年間約200世帯以上のお客様のお金にまつわるご相談を担当していた経験を活かし、「お金の知識をわかりやすく!」をモットーに活動中。Sodanでもコラム執筆中。

HOLICS編集部

この記事のキーワード

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事