テイクアウトOK!都内で買える絶品いちごのショートケーキ12

GOURMET HOLICS編集部 2019.5.15

数あるケーキの中でも、時代を超えて不動の人気を誇るショートケーキ。生クリームとスポンジ、爽やかな甘さのいちごというシンプルな構成だからこそ、美味しさがダイレクトに伝わってきます♡ 今回は東京で美味しいショートケーキが食べられる名店を厳選して紹介! 自分用はもちろん、手土産としても◎! シンプルだからこそこだわって選びたいいちごのショートケーキを見つけて♡

クリームの中にいちごがぎっしり詰まった「ショート」には、1ホールにつき「ミガキイチゴ」を1パック半近く使用するという贅沢ぶり。軽く甘さ控えめな生クリーム、繊細で素朴な味のスポンジは、いちごのために考え抜かれたもの。ひと口ほおばれば、口の中でジュワ~ッと広がる濃厚な果汁が生クリームとスポンジを包み込んでいきます。

小竹向原:CRIOLLO(クリオロ) 本店

出典:

静かで緑豊かな住宅地に佇むパティスリー「クリオロ 本店」。世界最優秀味覚賞を受賞したフランス人シェフのサントス・アントワーヌさんこだわりの洋菓子が食べられるお店です。糖質制限のケーキやパンにも力を入れています。イートインもOKで、全46席の広々とした店内ではカレーなどの軽食メニューも揃います。

出典:

「苺のショートケーキ」は、シュー生地の作り方をベースに砂糖の種類を吟味し、材料の配合などを変更。そうすることで理想の弾力が生まれ、生地の香ばしさも楽しめるように。いちごの風味に合うよう、隠し味にライチのピューレを加えた生クリームは華やかな風味が特徴。材料の味が目立ちすぎないようスポンジにはバターを使わず、卵の風味もできる限り抑えています。

神宮前:コロンバン原宿本店サロン

出典:

日本で初めて本格的なフランス菓子を提供し、ショートケーキの元祖ともいわれる大正13年創業「コロンバン」の本店サロン。JR原宿駅や東京メトロ明治神宮前駅からも近く、レトロモダンな落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと食事やデザートが楽しめます。待ち合わせ場所としてはもちろん、街歩き途中の休憩場所としても◎。

出典:

「ショートケーキ」は、カステラを思わせる卵風味が濃いスポンジで、生クリームにもしっかりと負けないコクがあるのが特徴です。当初は日本人にも受け入れられるよう、正方形にいちごで日の丸をイメージしていたそう。現在でもクリームの甘さを変えた以外、基本のレシピは当時のままとのことです。

淡路町:近江屋洋菓子店

  • 3/5ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード