食いしん坊の祭典でイタリアを丸ごと食べ尽くす!@フィレンツェ

GOURMET FRaU編集部 2017.12.4

毎年3月、イタリア・フィレンツェで開かれる食の見本市「Pitti Taste(ピッティ・テイスト)」。作り手や食品メーカーが、自慢の逸品を売り手やレストランなどに紹介するためにイタリア全土から集まる、いわゆる展示会です。イタリア旅行にいってもなかなかお目にかかれないたくさんの食材が集まるこの祭典、うれしいことに一般開放もあり! 試飲グラスを片手に300ものおいしいものブースを回って、イタリアを丸ごと食べつくすチャンスなのです。

なんといっても魅力は試食・試飲天国!

切りたての生ハム

イタリアのあちこちから、自慢の逸品を引っさげてやってきた作り手たち。加工肉、チーズ、パスタ、ワイン、スイーツ、調味料、調理器具などなど、ありとあらゆる食にまつわるブースが並んでいます。一応、おおまかなジャンルに分かれており、一度にさまざまな味を試食することができるのですから、夢みたい。

加工肉

例えば、加工肉。切りたての長期熟成生ハムは、ちょびっとかじっただけでも旨味がパワフル。ちょっと日本ではお目にかかれない味でした。また、イタリアの加工肉は作り手ごとの専門性が高く、それぞれが「これぞ」という味を持っているのもよくわかります。

ハードも青カビも白カビも、チーズの品揃えはさすが

チーズ

加工肉以上に地方によって個性的なのがチーズかも。熟成度の差をいろいろ食べ比べるのが楽しいパルミジャーノ・レッジャーノ、トロットロになった青カビ、陥没するほど熟成した白カビなどなど。イタリアのチーズも多くの種類が日本に入ってくるようになったけれど、こんなマニアックで、官能的なチーズをちょびっとずつ食べられるなんて!

チーズ

お酒なしに食べても……いえいえ、ワインの試飲ありますから

ワインの試飲

ハムやチーズ、しかも舌が震えるほど濃厚なやつ。ワインを欲するものばかりが並ぶこのコーナー。ご安心を、ワインも飲めます。

ワイングラスの入ったポシェット

ワイングラスは入り口近くの受付で借り、ポシェットに入れて首からかけて準備OK。あくまでも「試飲」なので、ワインブースが並ぶコーナーに行って興味のあるものを少しだけいただくのがマナーです。

ワインの試飲

グラスがプラスティックじゃなくてガラス製なのもうれしい!

イタリアもまたクラフトビールブームでした

クラフトビール

日本と同様、イタリアもまた、クラフトビールが席巻中。若い作り手が多く、味は個性的でデザイン性も高いビールが目につきました。タップを持ち込んでいるメーカーもあり、やはり注目の的。ワインと同じグラスをざっと洗い、飲み比べです。

ジュース

また、ちょっとリッチなフルーツジュースやヘルシー系ジュース、焙煎をしないヴェルデカフェなど、ニューウェーブなソフトドリンクの出展も目立ちます。

もちろんパスタも多種多彩。こんなに種類があるなんて

パスタ

イタリア人の毎日のごはんに登場する、パスタは当然のように多くの種類が。見たこともないメーカーもたくさんあり。パッケージも素敵です。

リゾット

また、ここでも世界共通、グルテンフリーのパスタや、リゾットセットが今年注目のよう。リゾットセットは、お米と具がセットになっていて、煮るだけで一食できちゃうとか。忙しくてヘルシー志向の人に人気なのでしょう。まるでお米のサラダのようにさっぱりしたリゾットです。

パスタ

オリーブオイル、はちみつなど連れて帰りたくなる調味料も

調味料

イタリアの食卓やレストランを支える、上質なオイルや塩、はちみつなどの調味料もPitti Tasteにはたくさん出展しています。老舗の名品もありますが(50年もののバルサミコの試飲もありました)、若いブランドのスタイリッシュで新しい味のものも多数。

ナチュラル志向のはちみつ、オリジナルのフレーバーをつけた塩……。ほとんどが日本では買えないもので、物欲がふつふつ。でももちろん、出展ブースでは買い物はできません。

というわけで!物欲を満たすコーナーがこちらです

TASTE Shop

全体のブースを見終わって外に出ると、そこには「TASTE Shop」というスペースがあります。すべてではないけれど、出展した作り手のアイテムを購入できる場所。品数は限られているので、人気商品は売り切れもありました。かなり厳選したものが置かれているので、お土産はほぼこちらで調達したくらい。ここを見る時間もたっぷりとって。

イタリア料理好きも、そうでなくても!イタリアの食の魅力を味わい尽くそう!

駆け足でご紹介したPitti Taste。イタリア語がわかれば、会場内で行われているデモンストレーションやトークショーなどのイベントも参加すると楽しいし、期間中は街のレストランでもPitti Taste限定メニューやメーカーのコラボメニュー、レセプションパーティが開かれています。食いしん坊のお祭り気分に盛り上がる古都・フィレンツェ。13回目を迎える2018年度のPitti Taste開催は、3月10~12日。1日では到底体験し尽くせないかもしれません(実際、3日通っても飽きなかった!)。イタリアの食文化が好きなら、このイベントのために旅を組んでもいいかもしれません!

DATA
Pitti Taste 13
2018年3月10~12日開催予定
一般入場は
3月10日(土)・11日(日)14:30~19:30
3月12日(月)9:30~19:30
メイン会場:Stazione Leopolda Viale Fratelli Rosselli,550144 Firenze

FRaU編集部

この記事のキーワード

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事