レトロな雰囲気に夢中♡吉祥寺・浅草・上野『東京純喫茶』探訪

GOURMET JJ編集部 2019.10.22

街中にカフェはたくさんあるけれど、今、おしゃれ女子の間で注目されているのが「純喫茶」。昭和を感じさせるくレトロな雰囲気が可愛らしく、さらに居心地のよさも抜群なんです! そこで今回は、東京の3エリア(吉祥寺・浅草・上野)に絞って、おすすめの純喫茶をご紹介。長年愛されるお店ばかりなので、要チェックです♡

昭和のレトロ感たっぷり♡こだわりの純喫茶に出かけよう!

出典:

「純喫茶」とは、元々は酒類を扱わない純粋な喫茶店のこと。明治の半ばに日本に入ってきた、酒類と女性達による接客を供給する「特殊喫茶店(カフェー)」に対し、“本来の喫茶店”との意味で使われるようになったとされています。現在でも各地に残っている純喫茶は、昔ながらのメニューはもちろん、昭和を色濃く感じさせる壁紙やソファなどレトロな内装にも注目です♡

▼浅草エリア

純喫茶 マウンテン

出典:

浅草の雷門通り沿いにある、創業50年の老舗の「純喫茶 マウンテン」。戦後からそのままという下町感あふれる店内には、挽きたてコーヒーの豊かな香りが漂い、落ち着いた時間を過ごせます。その立地から、海外からのお客さんも多いそう。巷のカフェとは、ひと味違う雰囲気を味わえます。

出典:

看板商品の「クリームあんみつ」は、北海道産の自家製小豆に奄美大島の寒天、沖縄の黒蜜を使用。気温によって甘さの感じ方が異なるため、季節で砂糖の量を調整しているというこだわりが。純喫茶の定番メニュー「ナポリタン」は、もっちりとした太麺を使い、昔懐かしい味わいです。

珈琲 天国

出典:

浅草寺からほど近い場所にある「珈琲 天国」。店名でもある“天国”の刻印が入ったホットケーキが人気を集め、平日でもオープン前から行列ができるほど。常に店内は混雑していますが、木・金曜日や雨の日が比較的狙い目です。

出典:

店のシンボルである“天国”マークが入った「ホットケーキ」は一番の人気メニュー。柔らかな食感で、懐かしい味わいが広がります。レモンの果肉が入った「レモンスカッシュ」は、爽やかな酸味が特徴。「プレーンホットドック」は、パンからはみ出るほど大きなソーセージが食べ応え&写真映え抜群です!

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード