暑い夏ものりきれる♡舌福な「うなぎの名店」11@東京

GOURMET HOLICS編集部 2018.7.1

“土用の丑の日”といえば、うなぎ。東京にはグルメな有名人も行きつけの名店が、たくさんあります。「今年は価格が高い」と言われていますが、せっかくだから奮発してでも食べたい! ひとくち食べただけでうっとりしてしまううなぎの名店をご紹介。 絶品うなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう♡

ぷりぷりの絶品うなぎが2段重ねに!

出典: いろは重(肝吸い、漬け物付き ¥4500)

昇々さんをはじめ、芸人さんに愛されている店。うな重の前に食べたいのは、白焼きをにんにくやしそとあえたオリジナルの「白焼き いろはスペシャル」。地酒も豊富に揃うので、大いに飲んでうな重で〆るのが最高!

FRaU2017年4月号

「いろは亭」はカウンター席が充実していて、一人でもふらりと立ち寄れる雰囲気が最高! このお店の「レトロな感じが大好き」という人も多いカジュアルなお店ですが、うな重は本格派で他店とは一線を画すこだわりの一品です。

SHOP DATA
いろは亭 中野本店
東京都中野区中野5-47-4 TEL:03-3387-4487(17:00~23:00 不定休)

7 行列のできるうなぎ店「八ツ目や にしむら」(目黒)

出典:

目黒不動の参道でうなぎの香りを漂わせる老舗。冬は鹿児島、夏は三河一色から届く活けうなぎは、目黒不動と同じ豊かな井戸水に入れて泥抜きを行う。佇まいまで美しく香ばしい蒲焼は、職人技のたまもの。持ち帰り用も大人気!

FRaU2017年4月号

やみつきになるこだわりの一品

出典: 鰻重定食 上(¥3200)、白焼き(¥2600)

お店の前でうなぎを焼く姿が楽しめる「八ツ目や にしむら」のおすすめは、「鰻重定食(上・3200円)」。「白焼き(2600円)」とともに頼むと、うなぎの美味しさがもっと楽しめます。身が厚くぷりぷりとした食感のうなぎは、このお店だからこその一品!

SHOP DATA
八ツ目や にしむら 目黒店
東京都目黒区下目黒3-13-10 TEL:03-3713-6548(食事11:00~14:00 持ち帰り10:30~19:00 水曜休)

8 カウンターで一人うな重。「新宿うな鐵」(恵比寿)

出典:

「元気を出したかったり、おめでたい日に『うなぎ気分』となったとして、なかなかふらりとひとりで入れるお店がなくて。恵比寿という立地でそれが叶うのはありがたい。うな重はやわらかな蒲焼きときりっとしたごはんの相性も抜群」(フリーライター 北條芽以さん)

FRaU2017年4月号
  • 4/6ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4
  • 6

関連記事&キーワード

この記事のキーワード