暑い夏ものりきれる♡舌福な「うなぎの名店」11@東京

GOURMET HOLICS編集部 2018.7.1

“土用の丑の日”といえば、うなぎ。東京にはグルメな有名人も行きつけの名店が、たくさんあります。「今年は価格が高い」と言われていますが、せっかくだから奮発してでも食べたい! ひとくち食べただけでうっとりしてしまううなぎの名店をご紹介。 絶品うなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう♡

出典: うな重 花(肝吸い、漬け物付き ¥3300)、グラスワイン(ココファーム 風のルージュ ¥1400)

白金のプラチナ通りで1周年を迎えたこちらは、うなぎの本場、浜松に本店を持つ。カウンターの向こうで焼かれるうなぎはパリパリと香ばしいのが特徴。香りのいいうなぎに静岡の地酒や国産ワインを合わせたい。

FRaU2017年4月号

おしゃれな店内にはカウンター席もあり、一人でも入りやすいのが特徴。お店自慢のうな重と一緒に、日本で作られた美味しくて新鮮なワインを楽しめます。

SHOP DATA
うなぎ 藤田 白金台店
東京都港区白金台4-19-21 IGAXビル3F TEL:03-6432-5636(11:30~14:00 17:00~21:00 月曜休)

3 おしゃれな店で本格ひつまぶし♡「はなぶさ」(麻布十番)

出典:

「関東では珍しい本格的なひつまぶしを食べられます。うなぎは蒸さずに焼く『地焼き』で、外はパリッ、中はふわっ! インテリアや食器も素敵で、女子だけでも気兼ねなく楽しめます」(モデル・女優 野崎萌香さん)

FRaU2017年4月号

ふわっとした食感の上品な美味しさ

出典: 上ひつまぶし(おだし、漬け物付き ¥5800)、カリカリうなぎボーン(¥500)

インターホンを鳴らして入る隠れ家店の看板メニューは、名古屋出身のオーナーが提案するさっぱり軽やかなひつまぶし。供されたまま嗜んだあとはもちろん、薬味を足し、だし茶漬けにするという、3段階で堪能したい。

FRaU2017年4月号

店内へはインターホンを押して入るシステムなので、自宅で過ごすようなゆったりした時間を過ごせます。リラックスした時間がもっと楽しくなるよう、店内には可愛いインテリアや雑貨もたくさん。女性だけでも気軽に楽しめますよ!

SHOP DATA
はなぶさ 麻布十番店
東京都港区麻布十番2-8-8 ミレニアムタワー5F TEL:03-3457-5870(11:30~15:00 17:30~22:00/21:30L.O. 不定休)

4 手間暇かけた熟成うなぎが食べられる「和灯ろ」(湯島)

出典:

うなぎのたれは確かに旨い。でも同時にうなぎ自体の旨さももっと味わってもらえないか―そこで店主の白幡宜洋さんが試行錯誤して生み出したのが熟成うなぎ。そのうな重が旨い。

おとなの週末2018年5月号
  • 2/6ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード

この記事のキーワード