堤人美さんの汁麺&焼きそばレシピならおうちでここまで本格派♡

GOURMET おとなスタイル編集部 2018.3.25

簡単ですぐに食べられるものから、お客様をもてなすものまで、おいしい麺レシピを集めた堤人美さんの『ラクチンおいしい! こだわり麺』。家でよく食べるけれど、もっと簡単で本格的な麺料理を作りたい人に、とくにおすすめしたい1冊です。ちゃちゃっと作れ本格的な味を楽しめる堤さんのレシピから、「タンメン」「チャーシュー麺」「焼きそば」の作り方をご紹介します。

  • facebook
  • twitter

お店で食べるよりおいしいかも。味の決め手になる鶏肉と野菜で作る極上スープ

汁麺には生の中華麺、焼きそばには蒸し麺を使います。麺類好きにぜひ挑戦してほしいのが、自分で作る鶏スープ。鶏肉、野菜を使っていろいろなうまみをミックスしたぜいたくなスープで、人気店も顔負けのおいしい汁麺を作りましょう。スープをとったあとの鶏肉、野菜はほかの料理に活用できます。

出典: 『ラクチンおいしい! こだわり麺』

【材料(でき上がり約カップ8杯分)】
鶏もも骨つき肉(ぶつ切り) 2本
鶏ひき肉 100g
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
白粒こしょう 小さじ1
しょうが(皮つき薄切り) 4枚
にんにく(包丁の腹でつぶす) 2〜3かけ
セロリの葉 1本分
酒 カップ1/4
水 カップ8

【作り方】
1 鶏もも肉は水けをふく。玉ねぎは皮ごと4等分に切り、にんじんは皮ごと縦半分に切る。
2 鍋にすべての材料を入れ、強火にかける。沸騰したら弱めの中火にし、アクを除きながら40分ほど煮る。
3 鶏もも肉、玉ねぎ、にんじんを除き、厚手のキッチンペーパーで静かにこす。

出典: 『こだわり麺 ラクチンおいしい!』 ていねいにアクを除くと、澄んだスープに。

「タンメン」はこうでなくちゃ!たっぷり野菜のうまみが溶けたスープが最高!

旬の野菜をお好みでたっぷり使ってください。スープが決め手なので、上に紹介した鶏スープを使うとより本格的、1滴も残さず飲み干したくなるおいしさです。

出典: 『ラクチンおいしい! こだわり麺』 タンメン

【材料(2人分)】
中華生麵 2玉
豚ばら薄切り肉 100g
きくらげ(乾燥) 5g
もやし 1/2袋(100g)
キャベツ 1枚
にんじん 3cm
長ねぎ 1/4本
鶏スープ カップ3と1/2
(または、水カップ3と1⁄2+市販の鶏がらスープの素小さじ1⁄2)

A
塩 小さじ1弱
酒 大さじ1

サラダ油 大さじ1

【作り方】
1 きくらげはぬるま湯に15分ほどつけてもどし、石づきを除いて一口大に切る。もやしはできればひげ根を除き、キャベツはざく切りにする。にんじんは短冊切りにし、長ねぎは斜めに2cm幅に切る。
2 豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々(分量外)をふる。
3 フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を強火でさっと炒める。1の野菜を加えて1分ほど炒め、鶏スープとAを加え、中火にして3分ほど煮る。
4 鍋に湯をわかし、中華麺を袋の表示通りにゆで、ざるにあげて湯をきる。3のスープを器に注ぎ、麵を加えて3の具をのせる。好みで、酢をかける。

市販のチャーシューで手軽に楽しむおいしい「チャーシュー麺」

お気に入りのお店でおいしいチャーシューを手に入れたら、ぜひ作ってほしい汁麺です。スープのしょうゆだれは、思いがけず簡単。自分で作った鶏スープなら、おいしさも格別に。

出典: 『ラクチンおいしい! こだわり麺』 チャーシューと小松菜の汁麺

【材料(2人分)】
中華生麵 2玉
チャーシュー(市販) 60g
小松菜 2株2

A
しょうゆ 大さじ3
酒、みりん 各大さじ3
にんにく(包丁の腹でつぶす) 1かけ

鶏スープ カップ4
(または、水カップ4+市販の鶏がらスープの素小さじ1/2)

【作り方】
1 チャーシューは1cm幅の棒状に切る。小松菜は5cm長さに切る。
2 鍋にAを入れて強火にかけ、3分ほど煮る。にんにくの香りが出たら鶏スープを加え、一煮する。
3 別の鍋に湯を沸かし、ごま油少々(分量外)を加えて小松菜をさっとゆでて、水けをきる。同じ鍋で湯を沸かし、中華麵を袋の表示通りにゆで、ざるに上げて湯をきる。2に加えてさっと煮る。器に盛り、小松菜、チャーシューをのせる。

具材はシンプル、しょうゆ風味が香ばしい「ゴーヤーの和風焼きそば」は大人の味

ソースよりもしょうゆの風味を効かせた焼きそば。仕上げに削り節を混ぜて、ゴーヤーの苦味をやわらげます。具材の味を活かした大人の味、ビールとの相性も抜群です。

  • page 1 of 2
  • 1

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事