「レギンス」があれば楽ちん&可愛いコーデは簡単に手に入る♡

FASHION ViVi編集部 2019.3.31

今シーズンビッグトレンドになっている「レギンス」は、楽ちんなのにスタイルよく見えて、今っぽいおしゃれが手に入る最強アイテム。一枚でもレイヤードでも使え、コーデが自由自在なのも魅力です。今回は、そんな頼れる「レギンス」をコーデ実例とともにたっぷりご紹介します。

コーデ実例1 一枚でボトムスとして取り入れる

今シーズンは、ベーシックカラーのレギンスをボトムス感覚で取り入れるのが新鮮です。レギンスに合わせるトップスは、お尻がすっぽり隠れる丈が鉄則。ロゴTやスウェット、オーバーサイズシャツまで何でも今っぽく着こなせます。リブがはっきりしたレギンスをチョイスすれば、履きやすさも倍増♡

出典:

右・ロゴTに白レギンスを合わせた鉄板のワンツーコーデ。小物でスポーティーなエッセンスをプラスすることで、シンプルながらもイマドキ感たっぷりなカジュアルスタイルが完成します。 左・レギンスはキレイめなオーバーサイズシャツとも相性抜群。スクエアバッグやパイソン柄のサンダルなどエッジィな小物を合わせて、大人っぽい着こなしにクラスアップして。

出典:

ライトグレーのスウェットには、濃いグレーのレギンスを合わせてワントーンに仕上げるのが大人流。リブが太めのレギンスを選んで細見え効果を狙いましょう。黒のバッグやサンダルを投入すると、コーデ全体がピリリと引き締まります。

出典:

サブリナパンツ感覚で履けるギンガムチェック柄のレギンス。たっぷりとしたフリルがフェミニンなシフォンブラウスと一緒なら、大人可愛い着こなしが叶います。赤のヒールパンプスで華やかなアクセントをプラス。

コーデ実例2 ワンピやスカート、コートにレイヤードする

出典:

大胆なミニ丈ワンピは生足でもなくタイツでもなく、レギンスを合わせるのが断然オススメ。裾がフリルになったメロウタイプのレギンスなら、フェミニンなワンピにもスッと馴染んでくれます。スカーフやメタリックサンダルで女らしさを盛るのを忘れずに。

出典:

いつもなら黒のスキニーやデニムを合わせることの多いトレンチコートにだって、レギンスを持ってくるのが断然おしゃれ! ブラウン×黒のダークカラー配色も足元にサンダルを合わせれば、軽やかな印象に仕上がります。

出典:

糖度の高い花柄ロングワンピを気負いなく着こなしたいなら、裾からさりげなくレギンスを覗かせてカジュアルな要素を加えるのが正解。ワンピの華やかさを崩さないように、柔らかなグレーを選ぶようにしましょう。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード