海デート、グランピングetc.秋のイベントコーデ&メイク術♡

FASHION HOLICS編集部 2019.8.31

夏の名残の太陽が照りつける一方で、朝晩は肌寒く感じられるようになってくる秋。まだまだアウトドアイベントは盛んだけど、何を着ていったらいいか悩みどころでもありますよね。そこで夏から秋にかけてのスイッチ期間におすすめの、イベント(BBQ、野外フェス、ビーチ)コーデをご紹介。季節感もハズさないおしゃれコーデとイベントに合わせたメイク術を参考に秋もお出掛けを楽しんで!

初秋から秋のイベントコーデは、季節感&おしゃれ感を意識!

うだるような暑さが和らぎ、屋外イベントにも気負いなく参加できるようになる季節。フェスやBBQ、ビーチへのドライブデートなど予定があるという人も多いはず。でも、昼夜の寒暖差が大きくなるこの時期は、どんなコーデにしたらいいか悩むこともありませんか? 今回は、そんなときにおすすめな季節感&おしゃれ感を両立するコーデをご紹介します。

「山フェス」「街フェス」寒暖差が気になる野外フェスコーデのルール

出典:

□ とにかく身軽で動きやすく
□ 山フェスでは防寒・防水を意識
□ 街フェスでは明るく華やかに

野外フェスにおすすめのコーデ

出典:

身軽かつ動きやすいのがフェスコーデの基本! さらに街中で行われる「街フェス」や「グルメフェス」では、ナチュラルな色味のものよりも気分を盛り上げてくれる明るく華やかなカラーがおすすめ。初秋を感じさせる、きれいめなマスタードカラーのタイトなセットアップは、キャップやスニーカー、ロンTでカジュアルに着崩して。帽子や靴などもモノトーンで統一すれば、コーデにメリハリが出ます。

出典:

山フェスにはナチュラルなアースカラーが◎。一見するとフェスとは無縁そうに見えるシンプルなワンピースも、カジュアルなアウターや小物をプラスすればフェスルックとして活躍します。活動的に過ごせるよう、バッグはたっぷり入って両手を空けられるキャンバストートが便利。足元は足を固定するスポーツサンダルで脱げ防止! 天候や気温の変りやすい自然の中でのフェスにはアウターが必須です! 

野外フェスにおすすめのメイク

出典: 野外フェスにはツヤメイクがおすすめ♡

カジュアルコーデが基本の野外フェスには、色っぽさを感じさせる大人のツヤメイクがマッチ。光沢感のあるアイシャドウやツヤ感のあるカラーマスカラで女度をUPされば、カジュアルコーデでも子どもっぽ見くみえません。血色感を与える濡れルージュを仕込めば、大人の色香を感じさせるメイクの完成です。

大人数での「BBQ」「グランピング」コーデのルール

出典:
  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード