納得の名品揃い!大人の女性のための『腕時計』ウィッシュリスト

FASHION JJ編集部 2019.6.12

自分の誕生日や大切な記念日に、思い出に残るようなビッグショッピングをしてみるのもおすすめです。特にハイブランドの時計はいつの時代も色褪せない名品が揃うから、この機会に手に入れても損はないはず。そこで今回は、同世代のJJ編集者たちが愛用する「いい時計」と、大人に格上げしてくれる憧れブランドの腕時計をご紹介します。

シーンや服を選ばず長く使える「いい時計」が欲しい!

ハイブランドの時計に憧れはあるけれど、あからさまに高そうに見えるものはちょっと苦手。そんな私たち世代にしっくりくるのは、スニーカーやデニムにもすっと馴染んでくれるような「いい時計」なんです。等身大のカジュアルコーデにも、少し背伸びしたお仕事コーデにも、年齢を重ねた先にある大人の装いにもずっと長く寄り添ってくれるような自分のための「いい時計」、探してみませんか?

――今回はJJ編集部の20代“妹エディター”たちが緊急座談会を開催!

織田 私の場合、時計はアクセ代わりにつけているかも。だからエルメスの「ケープコッド」って本当にぴったりで。
菅原 わかります! レザーだとカジュアルなアクセントになりますしね。私も織田さんみたいな二重のストラップに替えたくなってきた!
森本 あと、やっぱり時計を身につけることで知的に見せたいというのもありますよね。私もこの「タンク」をつけていると仕事ができそうって思ってもらえることが多くて(笑)。
織田 そうだね。いい時計だとそういう役割も期待しちゃうよね。
菅原 たしかに時計をつけるんだったら、大学生みたいなプチプライスの時計は卒業したい。
織田 だけどあからさまに高そうな時計はつけたくないよね。人の目だってあるし、いいものはカジュアルにさらっと身につけたい。
菅原 だからスニーカーとかデニムに合わせるってまさに象徴的!
森本 必ずどちらかは、毎日のようにはきますもんね。
織田 いいものは欲しい。でもシーンや服を選ばないデザイン、というのは私たち世代の絶対的基準だよね。
菅原 ブランドのバッグはちょっと前からその目線で選んでいたと思うけれど、きっともう時計も無意識にその基準で選んでいたんですね!

HERMÈS(エルメス):CAPE COD(ケープコッド)

アメリカでも指折りの高級リゾート地の名前を冠した「ケープコッド」は、シンプルで機能的なのにしっかりと女性らしさを感じさせる美しいフォルムが特徴です。エルメスの熟練職人が手掛けるレザーベルトは、付け替え可能。素材や色など豊富なデザインから選べます。アクセサリー感覚で使える二重巻きストラップの「ドゥブルトゥール」も高い人気を誇ります。

出典:

「そろそろ違うカラーのストラップに替えて楽しみたいと思ってます」(エディター 織田真菜実)

エディター 織田真菜実

編集部イチのミーハーにして、おしゃれ大好き女子。ニューヨークという街とカルチャーをこよなく愛し、自身の服も力の抜けたカジュアルを身上とする。毎月ファッションにはかなりのお金を費やしているが、“大物買い”については割と慎重なタイプ。

Cartier(カルティエ): TANK AMÉRICAINE(タンク アメリカン)

「カルティエ」はフランスを代表するハイジュエラーにしてウォッチメーカー。豊富なラインナップのなかでも、知的でエレガントなデザインが特徴の「タンク アメリカン」は世界中から愛される逸品です。すっきりとシャープな印象と女性らしい柔らかな丸みが同居する縦長のほっそりしたフォルムは、どんなシーンにも馴染みます。

出典:

「これを買ってから服のテイストがシンプルになりました」(エディター 森本理沙)

エディター 森本理沙

編集部の“姉エディター”たちのすすめを受けて、2017年に写真の時計を購入した3年目。仕事ぶりも見合うようにと日々精進しつつ、2本目を虎視眈々と狙う。高いものを勢いで買ってしまえる思い切りのよさあり。

HERMÈS(エルメス):Apple Watch(アップルウォッチ)

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード