お仕事パンツコーデを地味に終わらせない、シックで大人な配色術

FASHION with編集部 2018.3.15

休日服と違って、色味などに気を遣わなければならないオフィスコーデは、毎日選ぶのにも頭を使いますよね。今回はシックな配色だけど、シルエットや素材感で地味になりすぎず、上品フェミニンなパンツスタイルを紹介します! パンツスタイルでも女心も忘れない、華やぎオフィスコーデを毎日の服選びの参考にしてみてくださいね♡

  • facebook
  • twitter

1  ブラウン×深みグリーンで大人っぽい配色

ゆるめのブラウスとワイドパンツで、フェミニンに。ブラウンとグリーンのこっくりシックな配色はトレンド感もバッチリです。洋服がゆるっとしてるので、バッグや靴などの小物でカッチリ感を出して、きちんとオフィスコーデに格上げしましょう!

2 シックなコーデの定番!モノトーン配色はストライプで知的な女性をアピール

黒×白のモノトーンコーデは地味見えしがちですが、こんな、衿元がさりげなくレースになったブラウスなら、ちょっぴり華やかさもプラスできます。パンツは真っ白ではなくストライプを取り入れると知的さも出せ、脚も長く見えてスタイルアップにも繋がります!

3 ネイビー × チャコールグレーで重くなりがちな配色コーデは、小物の色味を明るめに

とろみのあるネイビーのブラウスと上品チェック柄で女らしさとトレンドをばっちり押さえたパンツスタイル。上下とも暗めな色味なので、明るいグレーのバッグとゴールドのアクセサリーを取り入れて。パンツの丈も足首が見える丈を選ぶと、重くなりすぎず軽やかです。

4 深みグリーン×ネイビー。オフィスで浮かない深色コーデ

深みのあるグリーンとネイビーの配色ならオフィスで浮きません。肌を隠しすぎると重く見えがちなので、Vネックのニットなどでさりげなく肌見せをすると女らしくなります。

5 淡いパープル×グレーパンツでシックな女らしさを

淡いパープルのニットには、同じトーンのグレーを合わせるとフェミニンな印象に。足元は柄のあるパンプスなどを取り入れると、淡い色味の中にメリハリをつけることができます。

  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事