コーデの完成度がアップする!今旬「肩掛け」スタイルはこの3つ

FASHION HOLICS編集部 2019.8.26

コーデに物足りなさを感じたときに役に立つテクニックが「肩掛け」。でも、カーディガンやシャツ、カットソーなどのトップスをただ単に肩から掛ければいいと思ったら大間違い! 実は「肩掛け」もトレンドに合わせて少しずつ進化しているんです。そこで今回は、今すべき「肩掛け」スタイルを3つご紹介します。

「肩掛け」を上手に取り入れてコーデをクラスアップ

コーデがシンプルすぎたりメリハリがなかったりするときに頼りになる「肩掛け」。でも定番のテクニックだけに、いつも同じやり方になってしまっている人も多いはず。たかが「肩掛け」と侮るなかれ! ほんの少し変えるだけでコーデがもっともっとおしゃれに見違えます。さっそく今旬な「肩掛け」スタイルをチェックしていきましょう。

1 アシンメトリー掛け

出典:

肌馴染みのいいベージュのオールインワンは、それだけだとのっぺり見えてしまう可能性も。ブラウンのボーダーカットソーを肩掛けして重心を上に持ってくることで、着こなしにメリハリが生まれます。パンツ部分にボリュームがあるから、カットソーはサイドでコンパクトに結ぶのが好バランス。

出典:

ウエストがシェイプされたデザインのキレイめシャツワンピースには、ドラマティックな女らしさを盛ってくれる赤のカーディガンがお似合い。袖を通してきちんと着ると生真面目な印象になってしまうから、あえてルーズにアシメントリー掛けするのが正解です。気になるノースリーブの肌見せ面積を自由に調整できるのも◎。

出典:

白シャツ×タイトスカートの定番コーデを今っぽく更新したいなら、ベーシック配色のボーダーカットソーを肩掛けするのが簡単です。カットソーの袖をサイドに寄せて結べば、シャツ×タイトスカートのきちんと感ある着こなしに上品なカジュアル感をプラスすることができます。

2 たすき掛け

出典:

くすみ感のあるマゼンダピンクのスカートとボルドーブラウンのトップスを組み合わせたイマドキ感満点なコーデ。アンサンブルニットのカーディガンをたすき掛けにする一工夫で、こっくりした配色のコーデに程よい抜け感を加えられます。

出典:

白のカットソーに黒のマキシ丈スカートを合わせたモノトーンコーデは、レモンイエローのカーディガンで色を足すとおしゃれ度が急速にアップします。ふんわりと広がるフレアースカートのときには肩掛けのボリュームを抑えるのが、バランスよく仕上がるコツ。

出典:
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード