ベース作りも重要!ピンクで作るアラサー女子のオフィスメイク♡

BEAUTY HOLICS編集部 2019.7.5

ピンクは、時代や年齢を問わず女子にとって永遠の憧れカラー。アラサー女子がオフィスメイクで取り入れるなら、子どもっぽさや甘さを回避することが大切です。そこで今回は、お仕事向けピンクメイクの作り方を解説! ピンク色を生かすために重要なベースの作り方から、アイシャドウ、アイライナー、リップなどのおすすめコスメまで大公開しちゃいます!

出典: 7 やわらかピンクを直塗り

Gのリップをグルグル回すように塗り、しっかりと唇に色をのせて。

お仕事向けピンクメイクでは、グレーのアイブロウやブラウンのアイライナーを合わせるのがポイント。黒を使うとエッジが効きすぎて、強さが出すぎてしまいます。アイシャドウやチークは、紫がかった青みピンクをチョイスして、きちんと感と華やかさを両立させて! 鮮度が高いドールピンクやサーモンピンクは、肌の影やシミが目立ったり、カジュアルな印象になってしまいがちなので注意して。アラサーのオフィスメイクでは、落ち着いたピンクを選ぶのが正解です。

オフィス向けピンクメイク術できちんと感と華やかさを両立♡

出典:

ピンクと一口に言っても、色合いの幅が広いのが特長です。アラサー女子がオフィスメイクに取り入れるなら、青みピンクなど渋めのカラーを選ぶのが◎。下地やコントロールカラーで肌トーンを明るくして、グレーやブラウンのアイブロウやアイライナーでやわらかな表情を演出しましょう。ソフトピンクのリップをオンすれば、きちんと感と華やかさが両立したオフィス向けメイクが完成します。

  • 3/3ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード