「リキッドアイライナー」でナチュラルもインパクトも思いのまま

BEAUTY HOLICS編集部 2017.12.31

クールビューティーなアイメイクに欠かせない印象の、リキッドアイライナー。間違ってはいないのですが、「クールなアイメイクはしないから使わない」なんていうのはもったいない! 実はナチュラルアイメイクにも大活躍してくれるんです。そんなリキッドアイライナーの使い方や、おすすめアイテムをまとめました!

ナチュラルにもばっちりにも使えるリキッドアイライナー!

出典:

ペンシルアイライナーはぼかしたり仕込みアイラインをつくったりととっても重宝しますが、キレイに抜けるような跳ね上げラインがつくれるのはリキッドアイライナーだけ。キャットアイメイクや、切れ長のクールアイメイクを実現するにリキッドアイライナーは欠かせない! リキッドアイライナーの魅力はそれだけではなく、極細のラインや点々ラインが引けるところもポイント。ナチュラルなアイメイクにも大活躍なんです。

リキッドアイライナー活用テクニック実践編

それではさっそくリキッドアイライナーを使いこなすテクニックをお教えしましょう。「すでに使っている」という人も、新たな発見があるかも知れませんよ!?

リキッドアイライナーでしかつくれない跳ね上げライン♡

出典:

リキッドアイライナーでキレイな跳ね上げラインをつくるコツは、先にマスカラ以外のアイメイクをすべて済ませておくこと。アイラインも目尻を残して先に全部描いてしまいましょう! 仕上げに、目尻から真横にスッと目の輪郭を延長するイメージでアイラインを引いてみてください。ナチュラルな跳ね上げラインが完成します♡

跳ね上げラインのラストはつぶし綿棒で仕上げる

出典:

跳ね上げラインは綿棒で仕上げると、繊細でキレイに仕上がります。綿棒をしっかりつぶして細くして、アイラインを外に向けて引っ張るイメージで軽くなぞると、液が伸びて細く長いラインに。長さや太さの調整や失敗したときの修正も大体のことは綿棒で何とかなるので、慌てず騒がず綿棒での調整を覚えておいて!

リキッドアイライナーなら極細のアイラインが引ける!

出典:

リキッドアイライナーは、極細ラインを引ける強みを活かして、細く細く描いていくのが美しく仕上げる秘訣。一気に描こうとすると思ったより太く描いてしまうなど想定外のことが起こりがちなので、筆の先を使って細ーーーくアイラインを描いていくのがポイントです! 太くしたいときは、その細いラインを重ねていくイメージで。

リキッドだからできる!点々アイラインでスキマ埋め

  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード