美肌の道は美腸から!腸にいい食べ物・サプリ・ツボ押し・サロン

BEAUTY VOCE編集部 2018.3.25

“すべての美しさは腸に通ず!”。何をやっても、美容や不調の悩みが解決しないなら、それは腸が原因かも! そこで、食、サプリ、生活習慣、ストレッチ……究極の美を求め、あらゆる角度から「美腸」の作り方を教えます!

教えてくれたのはこの方!

小林暁子先生 小林メディカルクリニック東京 院長

医学博士。全身の不調に対応するクリニックを開業し、人気の便秘外来では延べ15万人以上の便秘患者の治療に携わる。著書は『今日からはじめる健美腸ルール 人生で最高の自分になる方法』(講談社エディトリアル)他。

肌は今の腸の状態。美肌になりたいならまずケアすべきは腸!

「肌は内臓や細胞の質を表す、末端の臓器です」と小林先生。今の肌の状態は、腸の状態そのもの! 肌トラブルがあれば、腸内環境がよくないサイン。

「腸は体の中に取り入れた栄養素を吸収して毒素を排出する、人間の免疫を左右する大事な臓器です。また、自律神経とも深い関わりがあります。腸内環境が悪いと、栄養を吸収できず、たまった有害物質の排出ができないため、血液によって毒素が肌に運ばれ、肌荒れに。自律神経のバランスが崩れれば、腸から肌へ酸素が届かず、ターンオーバーが遅くなるでしょう。また、水分のバランスをコントロールしているのも腸。便秘だと水分の分配が乱れ、水分量が少なくなれば乾燥肌になり、多すぎるとむくみやすくなります。どんな化粧品を使っても、腸が悪ければ、せっかくのいい成分を十分に吸収できず、肌に活かすことはできません」(小林先生)

美肌の近道は、美腸をつくること!

一日の食物繊維摂取量の目安は生のレタス20個分!食物繊維は常に不足

便の形をつくり、便のもとになる食物繊維は美腸に不可欠な食材。どれくらい食べればいいの?

「国が推奨する食物繊維の摂取量目標は成人女性で17〜18g以上ですが、腸のためには20〜25gはとってほしいもの。この量は生のレタスなら20個ほどに相当します。一種類の食品ではとりきれないので、自分に合ったバランスで、多種多様な食品から食物繊維をとるように心がけましょう」(小林先生)

インナービューティサロンで食生活チェック!

インナーケアに興味はあるけど、何をとればいいのかわからない……。VOCEST!の平八重琴乃がインナービューティサロンで食生活をチェック。便秘がちな彼女の体内にはどんな問題が!?

行ったのはココ

SALON DATA
エステプロ・ラボGINZA
東京都中央区銀座4-8-2 三福ビル1F TEL:03-6263-0303 (10:00~20:00 不定休)

チェックテストで足りないものが判明

圧倒的に酵素不足だった!

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード