普通じゃつまらない!大人アイラインは“遊んでなんぼ”が新常識

BEAUTY HOLICS編集部 2017.9.28

ただ目を大きく見せるだけのアイラインには飽きたし、数年前に流行ったキャットラインなんて古すぎる。ここ数年、アイライン難民だった大人世代に朗報です! この夏、アイラインに新たなトレンドが登場。それは、二重のラインを型取ったオーバーラインだったり、下まぶたを大胆に染めるカラーラインだったり。とにかく普通じゃない“遊びライン”が今、キテるんです。

教えてくれたのはこの方!

田上陽子さん セルヴォークディレクター

PR会社にて数多くの美容系クライアントを担当。その後、オーガニックコスメに出合い「マッシュビューティーラボ」に入社。オーガニックブランド「エッフェオーガニック」のディレクターを務める傍ら、2016年秋にプレミアムナチュラルビューティーブランド「セルヴォーク」を立ち上げる。

1 目尻と二重ラインを結ぶ「セルヴォークライン」

セルヴォークのコンセプト“意志の強さを感じる女性”をイメージしたという通称「セルヴォークライン」。引き方は、目のキワに引いた目尻のラインと、二重の溝に沿って引いた2つのラインを“く”の字に結ぶというもの。目がキュッと引き締まり目力がアップ、今っぽ感も演出できるのに、いわゆる“がんばってる感”のない、さりげない抜け感が決め手です。伏せ目にしたときに、エキゾチックでドキッとさせる色気が漂うところもポイント。

HOW TO

筆先が細いリキッドアイライナーを使います。アイライナーを目のキワに沿って、目尻を3mmほど長めに引きます。カーブは目の形に沿って自然に流すのが◎。

次に、目尻から5mmくらいの位置から、二重の溝に沿ってアイライナーを引きます。目を開いた状態で引く方が、仕上がりが分かりやすいので失敗を防げます。「今までにない全く新しい引き方なので、戸惑う人も多いと思うのですが、ポイントはためらわずに引くこと!」(田上さん)

使用したのはコチラ!

セルヴォーク シュアネス アイライナーリキッド

繊細から大胆まで、テクニックなしでも自在にラインが描ける、ペンシル形状のアイライナー。仕上がりの美しさが持続するラスティング効果あり。お湯で落ちるタイプ。

  • 2/4ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード

この記事のキーワード