【厳選Q&A】小林由依実演!ベースメイクのお悩みをプロが一挙解決

BEAUTY with編集部 2019.2.10

できるなら、毛穴も乾燥もくすみもまるっとなくしたい! 肌の生まれ変わりには最低28日間かかるけど、ベースメイクで即席美肌っていう手も。プロ直伝のワザを駆使して、“まるで素肌美人”を目指そう!

A:持ちの良さに違いがでる

「メイク崩れが気になるならスポンジ塗りがおすすめ。ムラになりにくく、肌に密着するので、仕上がりが長持ちします。いちばん簡単!」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

「ブラシ塗りはキメや凹凸にも入り込むので端正な肌に。指塗りは手軽ですが、均一に塗るのが難しいかも」(美容ライター・橋本日登美さん)

Q3:ベースメイクのお直しってどうやるのが正解?

A:ティッシュオフ→ファンデーションを少しだけ重ねる

「まず皮脂をとってクリアな肌に戻す必要が。その際にティッシュで直接、肌を押さえると圧がかかり過ぎるので、スポンジをくるんで使用して。そのあとスポンジの角にパウダリーファンデーションをとって、ベースがはげた部分にのみ重ねればお直しは完了」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

Q4:ファンデーションの色選びが苦手。 いつも首から上が浮いちゃって恥ずかしい...…。

A:首との境目でチェックしてみて

「顔だけに合わせて選ぶと失敗しがち。ファンデの色選びに首の色は無視できません! 店頭でタッチアップする場合は、フェイスラインに何色かのせて見比べてみて。顔と首の中間でなじむカラーを選べば、絶対に失敗しませんよ」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井真理子さん)

Q5:コントロールカラーってどう使うもの?

A:色にまつわるトラブルをリセットして肌の土台を整えてくれる

「透明感が不足しているならパープル、肌の赤みが気になるならグリーン、と色による肌悩みをカバーするためのもの。部分的に塗ることで、色ムラのない均一な肌トーンに」(美容ライター・橋本日登美さん)

「初心者にはピンクがおすすめ。少量でも顔全体のくすみが晴れますよ。夕方のお疲れ顔対策にも」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

エレガンス コスメティックス モデリング カラーベース EX PK100

明るい血色感のある肌に。

  • 2/5ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード