鮮やか発色をチラ見せ♡今季注目の“ピンク”アイメイクのやり方

BEAUTY HOLICS編集部 2019.6.23

柔らかで可愛い「ピンク」は、女性らしさを引き立ててくれる色の一つ。特に顔の印象を大きく変えるアイメイクに取り入れれば、その効果は絶大です。今までは寒色系のカラーしかトライしていないという人も、簡単にイメチェンが叶います。そこで今回は、大人気カラーピンクを使ったアイメイク術とおすすめアイシャドウを合わせてご紹介します♡

メイクのコツをマスターすれば、ピンクでも腫れぼったさ回避!

女性らしく愛らしい目元に仕上げられるピンクアイシャドウ。でもピンクは膨張色でもあり、「トライしてみたいけれど、腫れぼったく見えそう……」という声も。でも、大丈夫! コツさえマスターすれば誰でもピンクアイシャドウを使った美しい目元は作れちゃうんです。まずは基本のやり方をマスターしてみてくださいね。

ピンクアイメイクのやり方

出典: 使用するアイシャドウは「SUQQU デザイニング カラー アイズ 125」

スックの「デザイニング カラー アイズ」は、なめらかな質感と純発色でまぶたをつややかに彩るアイシャドウ。色を重ねても厚みが出ず、美しいグラデーションが簡単に作れます。ルーセントピグメント配合で、目元に奥行きと立体感を演出。密着力も高く、つけたての色が続くのも◎。

出典: 1 濃いピンクをしっかりのせる

左下の濃いピンクをブラシに取り、二重幅に目尻からしっかり色をのせる。目頭側は1/3程空ける。

出典: 2 ツヤピンクをポイントにON!

ブラシで上まぶたの中央に左上のラメピンクでツヤをON。二重幅には陰影をつけて引き締めて、まぶた中央にはツヤで立体感を出します。下まぶたは塗らなくてOK!

色っぽい目元を叶える「ピンクアイシャドウ」おすすめ6選♡

出典: 使用アイテム:SUQQU デザイニング カラー アイズ 125

「ピンクメイクにシャドウを投入したいなら、ワンカラーで陰影が出せてツヤ感も叶う、ディープピンクが◎。ポイント使いすれば、浮かずになじみやすいんです。腫れぼったく見せないコツは目頭側には塗らないこと」(ヘア&メイクアップアーティスト 川村友子さん)

JJ2019年6月号

アイメイクの方法をマスターしたら、お次は実践! 数多くあるアイテムのなかから、高発色でなじみやすいと評判のアイテムを厳選してご紹介します。どれも手軽に扱えて毎日のメイクに取り入れやすく、「ピンクアイメイク」初心者さんでも安心。パウダータイプからペンシルタイプまで種類豊富だから、使いやすいものをセレクトしてみて♡

KATE(ケイト):ケイト ザ アイカラー 008 ¥650

出典:
  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード