“アイシャドウ使い回し”でT.P.O.別アイメイク6Days

BEAUTY ViVi編集部 2018.11.10

コスメを使い回すメイクテクさえあれば、少ないコスメで、いろんな印象のメイクを楽しめるんです♡  デートや女子会、オフィスなど、T.P.O.に合わせてメイクを変えることもできます。モテメイク派・八木アリサと美人メイク派・立花恵理から、アイシャドウの使い回しバリエーション6daysの紹介です!

パレットの左上で目をぐるりと囲んで陰影をつけます。アイラインで上まぶたの目頭から目尻までキワを埋めたら、目尻だけ太めにハネ上げ7mmくらい延長して上まで描きます。

デジャヴュ ラスティングファインa クリ ームペンシル カーキブラック

【Day5】女子会はマットな目元でトレンド意識メイク

色ではなく質感で今っぽさをアピールできるリキッドシャドウがおすすめです。マットな質感のリキッドシャドウを投入すると、ナチュラルなのにトレンド感満点な目元メイクが叶います。リキッドシャドウなら、単色をさらっと塗るだけで陰影あるニュアンスが生まれるから、難しいメイクテクなしで美容プロ級の仕上がりを楽しめます。

リキッドシャドウを上まぶたと涙袋において、指でなじませます。

THREE アルカミストツイストフォーアイ 02

【Day6】デートは下まぶたに血色感を出して色っぽく

女性らしく優しげなムードにしたい時は、やっぱりピンクの血色感メイクがおすすです。美人メイクなら、甘過ぎないピンクレッドを選ぶことがポイント。下まぶたにピンクレッドのラインを入れて血色感を出したら、デート仕様な美人メイクが完成。

パレットの左上をアイホールにのせてから、リキッドシャドウを重ねます。涙袋の目尻側→黒目にパレットの左下のピンクレッドをライン状に入れて血色感を出します。

「モテ」か「美人」か、理想イメージを決めることが大切

  • 3/4ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード