山本浩未さん考案。蒸しタオルで拭くだけ!スチームON顔の実力

BEAUTY HOLICSオリジナル 2017.9.29

汚れや皮脂などを取り除く洗顔は、スキンケアの中でもいちばん始めに行う大切なプロセス。つまり、美肌になりたいならまず洗顔を見直すべきなんです。ということで、今回ご紹介するのが「スチームON顔(おんがん)」。洗顔料も洗い流しも不要、なのに使えば使うほど、どんどん肌がきれいになっていくという、驚きの美肌効果の理由に迫ります。

  • facebook
  • twitter

今までの洗顔とは違い、お風呂上がりみたいなホカホカ素肌に

出典:

人気ヘアメイクアップアーティスト山本浩未さんとPLAZAの共同開発により生まれた「スチーム洗顔タオル」。お湯で温めた「スチーム洗顔タオル」で、毛穴の汚れや皮脂を取り除くだけじゃなく、血行も促す洗顔法が話題を呼んでいます。「蒸す」「拭く」「流す」プロセスはたった3つ、かかる時間もわずか2〜3分。忙しい朝や疲れて帰った夜にうれしい超時短ケアなのです。では、具体的にどんな美肌効果が得られるのか? 「スチームON顔」生みの親、ヘアメイクアップアーティスト山本浩未さんに教えてもらいました。

「スチームON顔」生みの親はこの方!

山本浩未 ヘア&メイクアップアーティスト

資生堂美容学校卒業後、資生堂ビューティークリエーション研究所にてヘア&メイクアップアーティストとして、宣伝、広報、商品開発などに従事。その後、フリーとなり、「生活者としてのキレイ」をテーマに女性誌を中心に活躍。「おとな美人をつくる基本のメイク」(宝島社)他、著書多数。

「スチームON顔」で得られる5つのいいこと!

その1 毛穴の汚れや皮脂がしっかり落ちる
お湯でタオルを温めて「蒸す」ので、毛穴が開いて汚れや皮脂が落ちやすい。

その2 血行がアップするのでくすみが取れる
血行の滞りによるくすみは、「蒸す」ステップにじっくり時間をかけることで、血のめぐりがよくなり肌に透明感が蘇ります。

その3 ツボを刺激しハリ感アップ
リンパを「流す」ステップで、耳の前後のツボを刺激することで、血行がさらに高まりたるんだ肌がキュッと引き締まります。

その4 キメが整うので化粧のりアップ
速攻でキメが整うので、ファンデーションのノリがよくなり、メイク崩れもしにくくなるので化粧直しの回数も減ります。

その5 首、肩、目の疲労回復
「蒸す」ステップで、目、首後ろ、肩を温めることでこわばりが取れ、疲労回復にも繋がります。

ただ“肌にやさいいタオル”として販売しても、絶対に売れないと思ったんです

出典:

ーー「スチームON顔」が生まれた経緯を教えてください。

商品名はスチーム洗顔タオルですが、私はメソッドそのものを「スチームON顔(おんがん)」と呼んでいます。もともとは、プラザさんから、オリジナルのタオルを発売するにあたり、PRコメントが欲しいというオファーをいただいたんですね。商品を共同開発するなんて話はこの時点ではありませんでした。でも、上質なタオルがたくさん出回っている今、ただ“肌にやさしいタオル”として販売しても、絶対に売れないと思ったんです。

ーー確かに、上質なタオルは他でも手に入れることができますよね。上質だけど圧倒的に安いとか、何か取っ掛かりがないと買わないかもしれません。

そう。だから、すでに商品の候補も、発売日も決まっていたのに、「プラザさんならではの何か付加価値のあるタオルにしないともったいない」と伝えたんです。そうしたら「タオルを扱うメーカーへ行きましょう!」という流れになり、共同開発することに。

ーーそこで見つけたのが、この“スチーム洗顔タオル”だったんですね。でも、その時点ではまだ「スチームON顔」のメソッドは生まれていなかったんですよね?

そうです。そのとき、気になるタオルを数種類持って帰ったのですが、自宅でいろんな使い方を試していたとき、「このタオルを蒸して使うと気持ちいいだろうな」とふと思ったんです。

ーー濡れた体を拭くというタオルの観点を変えてみたんですね。

蒸しケアがよいということは、知ってる人多いと思うんです。例えば、スチーマーをあてると肌が柔らかくなるとか。でも、みんな面倒臭くってやらない。電子レンジで温めるという手もあるけど、電子レンジはキッチンにあって、顔を洗うのは洗面所かバスルーム。やはり面倒なことには変わりはない。そこで、このタオルをお湯に浸してみたら、ちょうど蒸しタオルに適した温度感になったんです。

ーー「蒸す」ことから、「拭く」「流す」というメソッドが加わっていったんですね。

このタオル、ガーゼの4重織りで、裏と表がなめらかな面とパイル面2つの質感からできてるんです。肌ざわりがそれぞれ違うので、それを何か利用できないかと考えました。なめらか面の方は、柔らかいから顔にのせたら気持ちいい、肌を拭いても刺激が強くない。パイル面は、少し肌あたりがあるので、こっちでリンパを流せば気持ちいいかもしれない。その流れから「拭く」(リンパを)「流す」というメソッドが完成しました。

使い方は簡単!「蒸す」「拭く」「流す」3プロセスで完了!

まずはじめに、タオルを温める

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事