今もキレイなあの人が20代で過ごした“こだわり美容時間”とは

BEAUTY 2017.11.6

おとなの女性になったとき、キレイでいられるかどうかを決めるのは、20代の過ごし方。20代のうちに、どんな美容時間をどれだけ過ごせるかにかかっています。神崎恵さんをはじめとする美容の世界で名高い先輩方に、20代からやっておきたいセルフケアやおすすめアイテムを教えてもらいました。

  • facebook
  • twitter

20代で未来が決まる!?後悔しないためにこだわるべきこと

出典:

いくつになっても、その年齢とは思えないほどのキレイさとナチュラルさを保っているおとなの女性、ホントに憧れます。実は、おとなの女性の仲間入りをしたとき、20代をどう過ごしたかで差が出てくる法則があるとか。おとなの女性のキレイ作りは20代からすでに始まっているというから、うかうかしていられません! あとになって後悔しないために、何にこだわって、どんな美容時間を過ごせばいいのか、ちょっと前を行く先輩方に教えてもらっちゃいました。

あの神崎恵さんでさえ「やっておけばよかった」と後悔することがある

出典:

とても40歳とは思えないビューティライフ・スタイリストの神崎恵さん。さぞ充実した美容時間を積み重ねてきたに違いないのですが、神崎さんほどの女性でも20代にもっとやっておけばよかったと後悔することがあるそう。

忘れがちな唇のUVケアがおとなのぷっくり唇をつくる

UVケアはしていても、カラダ中抜かりなくとはなかなかいかないもの。特に忘れがちなの部分のひとつが唇です。唇は、紫外線のせいで色がくすんだり、ボリュームがなくなって縦ジワが深くなったりしてしまうパーツ。20代からのUVケアが、おとなのぷっくり唇をつくります。UV効果のあるリップクリームを選んで、紫外線対策を忘れないように。

出典: ナチュラグラッセ UVリップ ベースクリーム SPF22・PA+ ¥2800

目のUVケアで白目の透明感をキープ

目は紫外線を浴びると、炎症を起こして充血してしまいます。目が充血していると、なんだか疲れた印象に。いつも透明感のある白目でいるには、日差しの強い日はサングラスなどでUV対策するのがオススメです。目も肌と同じように日焼けするので、アフターケアも忘れずに。もし充血してしまったら、目薬でしっかりケアしましょう。

出典: ロートUVキュア〈第2類医薬品〉¥880

「顔はもちろんだけど、髪もボディも全身いたるところのUVケアをしておくべきだったと後悔中。とくに唇は女のコにとって大事なパーツなのでマスト。白目も濁ると女としての鮮度が落ちるので忘れずに」(神崎恵さん)

with2016年3月号

肌代謝を促す角質ケアで、老化を遅らせる

普段の洗顔だけでは、キレイになっているようでもだんだん角質をため込んでいきます。20代から定期的にきちんと取り除いてあげていれば、肌代謝が促進されてトラブル予防に。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事