ウルフカットがおしゃれに進化!「ネオウルフ」がブームの予感♡

BEAUTY HOLICS編集部 2019.5.26

数あるヘアスタイルの中でも、現在リバイバルブームを迎えているのがくびれが印象的な「ネオウルフ」。大胆に長さを変えなくても雰囲気ががらりと変わるから、プチイメチェンを考えている人にはぴったりです。今回は、ショートボブからロングまで、カジュアルにもコンサバにもハマる大人女子のための色っぽヘア「ネオウルフ」をご紹介します!

「ネオウルフ」は今までのウルフヘアとどう違うの?

1970年代に流行した、トップのボリューム感と襟足のレイヤーが特徴的なウルフヘア。現在注目されている「ネオウルフ」は、さらにマッシュのニュアンスをプラスした優しげでエアリーなシルエットがポイントです。リラックス感があるため、忙しい朝でも簡単なスタイリングでもおしゃれにキマるんです。短い髪でもチャレンジできるので、ぜひチャレンジしてみて♡

\ショートボブ&ボブヘア/

無造作な動きと耳かけが色っぽ♡美人度の高いショートウルフ

出典:

メンズライクなウルフシルエットながら、毛先にランダムな揺らぎ感を出し、片側だけ耳にかけることで色っぽい雰囲気が誕生。パーマは内側は外巻き、表面は内巻き、顔周りはリバースに。さらにカラーをラベンダーアッシュ×ブラックのインナーカラーで寒色系にすれば、クールな隠し味が効いて、女らしさがさらに引き立ちます♡

漂うリラックス感がおしゃれ映えする、脱力系ウルフヘア

出典:

ラフにスタイリングしてもキマるのがウルフヘアのいいところ! 顔周りとトップはレイヤーをたっぷり入れて長短を多めに作ります。動きを出しやすくするため、毛先は先細に。立体的に見せるためパーマもかけるとベター。ワックスをつけて自然乾燥させるだけのリラックス感が、おしゃれ映えの重要ポイントです。

低めに入れた段がポイント!ラフさを出したローレイヤーウルフ

出典:

顔周りはレイヤーで軽さを出しながら、毛先は鎖骨ラインでパツンと切りっぱなして重さを残す「軽さ×重さ」のMIXを取り入れた進化系ウルフ。顔周りは目の下の長さでカットして、サイドからバックにレイヤーでつなげて。全体的に毛先のみコテでゆるくカールをつけたら、少しツヤの出るワックスをなじませ、前髪をかき上げて完成です。

\ミディアムヘア/

70年代風のソバージュが決め手!目が離せないほど鮮烈なウルフヘア

出典:
  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード