長井かおりさん発!最短で美肌を作る「最旬ファンデの塗り方」

BEAUTY with編集部 2019.4.14

清潔感や透明感などの第一印象を決定づけるのはベースメイクの仕上がり。間違った自己流のテクニックで厚塗りになっていたり、肌トラブルを上手にカバーできていなかったりしていませんか? そこで今回は、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんに「簡単4ステップでできる」最旬のベースメイクを教えてもらいました♡ ぜひ参考に!

長井かおりさんに教わる「今っぽい肌ってこんな肌!」

長井かおりさん ヘア&メイクアップアーティスト

奇をてらわない等身大のテクニックから生み出される好感度メイクが大人気。パーソナルメイクトレーニングも好評。

「ツヤが前に出過ぎない、セミマット×ツヤのハイブリッドな肌。チークではない天然の血色を感じるピンクみを帯びた肌も特徴です」(ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん)

ピンクなセミツヤ肌を作るにはこの4点を押さえればOK!

ポイント1 下地でピンクみ肌に整える

出典: 【A】パルファン・クリスチャン・ディオール スノー パーフェクト ライト ¥12000

パール効果でほんのりピンクを感じるトーンアップ下地で、赤ちゃんのようなツヤ感あるピュアな肌を目指して。頰にだけ重ね塗りすれば、チークレスで天然の血色感もアップします。

ポイント2 ファンデは美肌ゾーンのみに塗る

出典: 【B】コフレドール リフォルムグロウ リクイドUV ¥3500(編集部調べ、スポンジ付き)

目頭の下から頰の高い位置までを“美肌ゾーン”と呼び、ここがキレイだと顔全体が美肌に見えます。他パーツを薄く仕上げることで立体感も。

ポイント3 お粉は最小限でほんのりマットに

出典: 【C】コスメデコルテ フェイスパウダー(パフ付き) ¥5000

ツヤを殺さないよう、パウダーは必要最低限にしましょう。皮脂が気になるTゾーンを中心に、極薄のオーガンジーでヴェールをかける感覚でのせて。

ポイント4 最後にピンポイントでツヤを足す

出典: 【D】シャネル ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5500
  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード