【髪の都市伝説】わかめを食べると髪は増える!?美髪トリビア 

BEAUTY HOLICS編集部 2019.2.27

わかめを食べれば毛が増える? マリー・アントワネットは一晩で白髪になった? 昔から髪にまつわる都市伝説はたくさんあります。そして、いまも信じられている内容が少なくありません。都市伝説が本当なのか? それともウソなのか? 髪の最新研究を踏まえて、毛髪診断士で認定指導講師の伊藤憲男さんにお話を伺いました。髪の知識を新しく上書きして、美髪のためにいいことを始めましょう。

髪のためにいいと信じていたわかめも、父親の頭を見て薄毛になるかも……という心配も、これを読めば真実がわかるはず! 髪にまつわる都市伝説を紹介します。

伊藤憲男さん アデランス 研究開発部次長

公益社団法人日本毛髪科学協会・毛髪診断士®認定指導講師。アデランスの研究開発部に所属し、商品の開発に携わる一方、育毛の啓蒙活動も行っている。

Q わかめを食べると髪がふさふさ生えてくる?

出典: gettyimages

A :ウソ わかめだけ食べていても生えてこない。栄養バランスが大事。

「わかめのミネラル分が髪にいいことは確かですが、これだけを食べていても髪が生えてくるわけではありません。髪に必要な栄養を考えて、バランスよく食べることが大事。昔の人がわかめの黒っぽくふさふさした形状から“髪が生える”と言ったのかもしれませんね」(毛髪診断士®・伊藤憲男さん)

Q 白髪も薄毛も遺伝で決まる?

A:ホント  髪の毛はとくに母方の遺伝を受けやすい

父が薄毛で……と不安に思う男性の声を耳にします。でも実は、関係が深いのは父方より母方の遺伝だそう。「白髪や薄毛、抜け毛など、髪の毛にまつわる遺伝は母方の遺伝傾向が強く残り、その影響は7割くらいと言われています。そのため、父親が薄毛の方でも毛量の多い方はいらっしゃいますし、逆に父親がふさふさでも、母親方のお父さん、つまりおじいさんの毛が薄いと薄毛になる傾向が高いのです」(毛髪診断士®・伊藤憲男さん)

Q カラーリングは長く放置するほどよく染まる

出典: gettyimages

A:ウソ  放置時間が長いと変な色になったり、髪が傷む原因に

自宅でカラーリングをする場合、放置時間が長いほうが染まりそうな気がして、長めに放置している人も多いのでは? 「カラーリングは説明書の時間通りに素早く染めることが大事です。放置することでカラーリングの薬剤の反応が進み、色を抜くブリーチの作用などが働き、色ムラが出たり、髪が傷む原因になります。また、市販のものでも、美容室のものでもカラーリング剤は髪に負担がかかることは間違いありません。1回染めてから最低2週間は空けてください。また髪のためには、パーマと一緒にカラーリングを行うことを避けるのがおすすめです」(毛髪診断士®・伊藤憲男さん)

Q マリー・アントワネットは本当に一晩で白髪になった?

出典: gettyimages
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード