これさえあればOK♡メイク初心者にもぴったりなコスメリスト

BEAUTY ViVi編集部 2019.5.18

メイクをしても毎回同じ印象になってしまう……。でも、ベースからリップまでをその都度揃えるのは非現実的。できることなら、最低限のアイテムで様々なメイクを楽しみたいものです。そこで今回は「これだけ持っていればどんなメイクも大丈夫!」とヘアメイクさんが太鼓判を押す厳選スタメンコスメをピックアップしました。

10 透明感が出せる青みピンクのリップ

出典: パルファン・クリスチャン・ディオール ディオール アディクト リップグロウ マックス 201 ¥3800

「可憐に見せたいとき、好感度を上げたいときに、ピンクはとっても有効です!」(ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん)

実践!スターターキットで作るシーン別メイク

ご紹介したベースメイクからポイントメイクまでの10アイテムを使って、さっそくシーン別メイクを実践してみましょう。

【シーン1】セレモニーやお仕事

出典:

まずはUV下地(1)、ファンデーション(2)を顔全体に薄くのせていきます。眉&目の下、小鼻の横にパウダー(3)をのせて透明感を出したらベースは完成! 次にアイブロウパウダー(4)のブラウン3色を混ぜて眉のフォルムを整えたら、旬カラーのピンクを全体にふんわりとのせます。この一手間で、トレンド感ある眉メイクの出来上がり。

出典:

2色チーク(8)の右側のカラーを小鼻横に丸く小さくぼかして入れます。さらにその上に左側のカラーを横長にのせると、血色と立体感を出すことができます。アイシャドウパレット(7)の右上のカラーをアイホールと涙袋にのせて明るさを出し、右下のカラーでキワを埋めてシャドウラインにします。

出典:

アイライン(5)を上まぶただけに細く描きます。目に光が入るようにビューラーでまつげを上げ、マスカラ(6)を一度塗り。繊細なまつ毛に仕上げるのが上品さを出すコツです。次に、ピンクリップ(10)を輪郭通りに唇全体に塗り、中央にだけ赤リップ(9)を重ねてグラデリップに仕上げます。ブラシ塗りできちんと感を出すようにして。

\全方位モテ確実な上品メイクの出来上がり/

出典:

セレモニーやお仕事などのシーンに必要なきちんと感はキープしつつも、血色を効かせることでフレッシュな印象をアピールすることができます。

  • 3/5ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード