コントロールカラー28選!“色”の効果で肌悩みを賢くカバー♡

BEAUTY HOLICS編集部 2019.5.13

コントロールカラーは、肌悩みをカバーしてワントーン明るいベースメイクに導けるのが魅力。肌に血色感をプラスしたり、赤みやくすみ、クマやニキビ跡をカバーしたり、透明感をアップさせたりとアイテムのカラーごとに異なるタイプの悩みを解決できます。今回は、口コミでも人気が高いおすすめコントロールカラーを紹介します。

「ふっくら肌に仕上がり女の子らしさUP」(ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん)

with2018年8月号

「くすみをとばして透明感とほんのり血色を出してくれ、健康的な肌に。ファンデやコンシーラーが最小限で済みます」(ヘア&メイクアップアーティスト 神戸春美さん)

with2018年8月号

「透明感や血色感は当然のこと、さらに奥ゆかしいピュアさや清楚さまで演出してくれる、影役者な優秀下地」(ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん)

with2018年8月号

「デートで使いたいピンクのコントロールカラー。ふっくらとした肌に仕上げてくれて、一気に女の子らしさがUP」(ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん)

with2018年8月号

スックの「ブルーミング グロウ プライマー」は、くすみ知らずの薄桃肌に仕上がるコントロールカラー。明るくて淡い青みピンクのフィルターがくすみや色ムラをカバーして、透明感のある肌に導きます。植物由来の美容エキスを3種類配合しており、保湿ケアが叶うのも嬉しいポイントです。

おすすめ&人気のコントロールカラーで肌悩みをサクッと解決

足りないカラーを補うことで、ワントーン明るい透明肌が手に入るコントロールカラー。肌トーンを整えることで、ファンデーションを厚塗りしなくても美しいベースメイクが完成します。いつもは肌色の化粧下地という人も、この機会に見直してみては? おすすめのコントロールカラーを利用して、肌悩みをカバーしながら厚塗り感のないメイクをゲットしましょう。

  • 10/10ページ
  • Icon paging first
  • 8
  • 10

関連記事&キーワード