ヘアメイク松田未来の「私らしく生きる美容論」

vol.25 肌の声に素直な人ほどきれいになれる

SPECIAL HOLICS編集部 2019.10.19

「自信が湧いてくる!」「女に生まれて良かったと思える♡」「自分のことが好きになれました」そんな声が多く寄せられるヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんの超人気連載「私らしく生きる美容論」(毎週土曜配信)。きれいになれるだけじゃなく、毎日を機嫌よく過ごすためのアイデアと、未来さんが心から良いと思った美容アイテムのみをご紹介。自分らしい人生を生きるための“私だけの味方”に変えてーー。

肌の声に素直な人ほどきれいになれる

ヘアメイクの仕事をしていると、雑誌の取材でも、SNSでも、
「未来さんが朝晩しているスキンケアのルーティンは?」と聞かれることが多い。

けれど、私はスキンケアに“ルーティンを持たない”と決めている。

なぜなら、肌の状態は、
季節によっても、
体調によっても、
ホルモンバランスによっても、
年齢を重ねることによっても
変わってくるからだ。

朝起きたら、まず鏡越しに“今日の私の肌”を診る。

毛穴が気になる? 赤みをおさえたい? くすみをなくしたいーー?
鏡を見たときに感じることは、日々変わる。

さらに、肌の調子が良いと感じた朝は、昨日何をどのくらい食べたか、どんな風にして1日を過ごしたのか思い出してみると良い。「夜ご飯を19時までに食べ終えたからかな」「いつもより水分補給をたくさんしたかも」など、色んな気づきがある。

私の場合、ワインを飲むときに水をたくさん飲んだ翌日は調子が良いけれど、そうじゃないときは乾燥しがちだ。

夜も朝と同じく、鏡を見ながら1日を終えた肌を診断する。

夜のスキンケアには、“クレンジング選び”という工程が加わる。

ティントリップや、お湯でオフできないマスカラなどでメイクアップした日の夜は、ポイントリムーバーを使ったり、しっかりメイクを落としてくれるタイプのクレンジングを選んだり。

一方で、クレンジング不要の日焼け止め下地とリップだったのなら、極力肌に負担のかからない優しい成分をたっぷり配合した洗顔料を選んだり。

朝晩のスキンケアをルーティンにしないことで、自分を知るきっかけになる。だんだんどんなことをすれば“私の肌”が喜ぶのか分かってくる。

なのに、その変化に気づかず、毎日同じ処方箋を出すなんて、愛情をかけて肌を大切にしているとは言えないだろう。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード