すべての女性のための偏愛ミュージアム

好きを仕事につなげたひと

ブランド発進!元ビームス濱中鮎子さんが歩む“服ひと筋”仕事論

SPECIAL HOLICSオリジナル 2017.12.6

2018年春夏にデビューを控える大注目のアパレルブランド「ウーア(Uhr)」。そのディレクターを務めるのは、長きに渡り「ビームス」の顔として、女性のリアルクローズファッションを発信し続けてきた濱中鮎子さん。今回は、濱中さんが「ビームス」に入社してから独立、新ブランドを立ち上げるまでのお仕事ヒストリーをお届けします。

がむしゃらに働いた20代。さて、30代はどう生きよう?

「レイビームス」ディレクターの濱中鮎子さんが、「ビームス」を卒業したと耳にしたのが去年の暮れ。おしゃれアイコンとして、業界内だけでなく20〜30代の女性からも支持されてきた彼女の今後の活動は? と注目が集まる中で発表された、自身のブランド「Uhr(ウーア)」の立ち上げ。13年間勤めた「ビームス」からの独立について、心の内を語っていただきました。

とにかく仕事が楽しくてがむしゃらに働いた20代。「さて、30代はどう生きよう?」と考えたとき、ふと40代の自分が見えたそう。そのときに掲げた“10年後の自分”に向けた目標とは?

ファッションを仕事にするつもりはありませんでした

ーー自身のアパレルブランド「Uhr(ウーア)」のディレクターとして、またフリーランスのPRとしてご活躍されていますが、もともとはビームスにいらっしゃったんですよね。

はい。2016年の末、13年勤めたビームスを退社しました。

ーーということは、新卒で入社してからビームスひと筋だったんですね。学生時代からファッションの道を志していた?

中高生の頃からファッションは大好きでした。ちょうど1990年から2000年にかけてのDCブランド全盛期の真っ只中で。マルジェラを頑張って買ったり、コズミックワンダーやサイラスが好きでよく着ていました。でも、ファッションを仕事にしたいとは思っていませんでしたね。高校卒業後も服飾の専門学校へ行くわけでもなく、大学に進学しました。

ーー大学生活の中で何か変化があったのでしょうか。

大学は経営学部だったのですが、就職活動を始めるまではファッションを仕事にするつもりはありませんでした。そして、いざ面接を受け始めると、リクルートスーツに肌色ストッキングを履くのがなんだかすごく嫌で。まず最初に保険と金融を受けたのですが、心のどこかで「私はきっとお堅い系の会社じゃ無理だろうな」と思っていました。

ーー面接官と話しながら、どのようなところでそう感じたのでしょう?

話をしていて、まったく気分が盛り上がらない自分がいたんですよね。結局、その後も興味のあったマスコミ関係やアパレル会社も受け、何社か内定をもらった中にビームスがあったんです。

ーービームスの面接を受けているとき、他の会社とは違う何かを感じたのでしょうか。

はっきり言って全然違いました。まず、自分が事前に用意したマニュアルトークではない話し方をしていることにびっくりして。面接官もすごく面白い人たちだったので、純粋に「この会社に入ったら楽しそう!」と思ったんですよね。内定をもらい、即入社を決めました。

自分の手が届く範囲の情報の中だけで生きてきたことを知った

「LAのレザーバッグブランド『スペシャリティードライ グッズ』のもの。デザイナーのアトリエに直接行って仕入れた、思い入れのあるバッグです」

ーー入社後はまずショップスタッフを?

そうです。原宿の路面店でショップスタッフからスタートしました。アパレル会社には、プレスやMD、バイヤーなど他にたくさんの職種がありますが、当時は、好きな服に触れられる環境に身をおけることがただただうれしくて。ショップスタッフの仕事が楽しくて、とにかく夢中でした!

ーー原宿店の次はどこか別の店舗へ?

2年くらいした頃、モード系ブランドを扱うインターナショナルギャラリービームスに異動になったんです。そこは、私が知るストリートファッションとは違う未知の世界。今まで、自分の手が届く範囲の情報の中だけで生きてたことを目の当たりにし、ショックを受けました。

とにかく知識を得るために海外コレクションの勉強をたくさんしました。それに、お客様の年齢層もそれまでより高くなったので、接客について学ぶことも多かったですね。当時は、体型に合わせてサイズ直しをして着られるお客様が多かったので、お直しの技術もかなり叩き込まれました。

ーーショップスタッフ以外の職種に興味を持ったのは?

さらに3年後、渋谷店に異動になったんです。その頃、「もしかするとショップスタッフは一生やっていきたい仕事じゃないのかな?」という思いが芽生えてきたんです。“楽しい”の先に、もっと何かを生み出す仕事がしたいと考えるようになりました。

ちょうどその頃、ショップスタッフとして雑誌に出ることが多かったこともあり、業務上のやり取りでプレスの人たちとコミュニケーションを取る機会が増えたんです。プレスルームで働く先輩たちの姿を見ているとだんだんプレスの仕事に興味を持つように。当時、“ショッププレス”という肩書きを与えられ、店頭でスタイリストのリース対応をしたり、商品を売るためのレポートを作ったりと、ちょっとしたプレス的なことは始めていたのもありますね。

パリ出張で出合ったマルタンマルジェラのブーツ。「マルジェラは学生時代から今まで、ずっと変わらず大好きなブランド。とくに靴はたくさん持っています」

ーー当時の濱中さんにとって、プレスの人とはどういう存在でしたか?

それはもう雲の上の存在でしたね。年もずいぶんと離れていましたし。

ーーその後はどのようにしてプレスに?

プレスがやりたいと上司にアプローチをしていたら、ちょうど半年くらいで声がかかり、晴れてプレスになりました。

先輩の背中を見ては、自分の未熟さに落ち込んでばかり

超ロング丈に惹かれた古着のリメイクスカート。「『ニードルス』というブランドで、古着のリメイク。ここまで長い丈はなかなか見つからないなって」

ーーいざ、念願のプレスになってみて、どんな思いでしたか?

打ちひしがれるぐらい何もできない自分がいました。最初の1〜2年は、先輩の背中を見ては、自分の未熟さに落ち込んでばかり。このとき28才だったんですが、本社勤務になってはじめて社会の厳しさを知った、みたいな感じですね。それまで、ショップでの経験があまりにも楽しかったからか、ずっと学生気分を引きずったままだったんだと思います。

ーープレスとは、具体的にどんな業務をされていたのでしょう?

リース対応のほかに、広告出稿するメディアへの対応など、販促物まわりのこと全般から、販促計画を立てたり、イベントを取り回したり......とにかく何でも屋さん。それも、「レイビームス」「ビームスボーイ」など、ビームスの中で25個くらいに分かれているレーベルを、ウィメンズは2〜3人で回していました。今思えば本当に激務というか、まさに修行でしたね。

ーーそれは大変そうですね。精神的に追い詰められたりはしなかったのでしょうか?

一度、帰り道に突然涙がこぼれたことがあったんです。そのときはじめて「あ、私やばいかも」と思いましたね。当時の生活といえば、家にはただ寝に帰るだけだし、食事も外食ばかりで部屋も散らかっているし、これはいったんリセットしないといけないと思い、9年くらい住んでた家を引っ越すことにしたんです。

ジャケット/ビームスプラス スカート/ウーア ベルト/古着 靴/コンバース

ーー何かを変えなくてはいけないと思ったんですね。

はい。忙しくても、自分で時間をコントロールすることも仕事のうちだと思って、そこから生活のリズムをがらっと変えました。仕事を抱え込みすぎることがあったので、きちんと後輩に振って分担したり、できるだけ早く帰宅するように心がけ始めました。プレスになってちょうど4年目の頃でしたね。

ーー次のステージに行こうとは?

思いましたね。その頃、ちょうど32才だったんですね。先輩の背中を追いかけるところから、やっと肩を並べてやっていけるくらいのレベルになって、これからどんな生き方をしようかな? と考えたとき、ふと40才の自分の目標が見えたんですよね。

ーーそれはどんな?

好きな人たちと、自分の時間を自由にコントロールをして働けるようになっていたいと思ったんです。

そんな思いが芽生え始めたころ、レイビームスのディレクターをしないかと声がかかりました。

ーーすごい! 大抜擢ですね。ディレクターの仕事とは具体的にはどういうものですか?

ブランド全体のディレクションですね。半期ごとに販促計画を立て、シーズンのテーマ決め、それにちなんでどんなアイテムを売っていくのか、仕入れるのか、海外でのバイイングに同行してバイヤーと相談しながらセレクトするものを決めたり、とにかくいろいろ.......。

ーーディレクターの仕事もまた、やり甲斐がありそうですね。

大変でしたがすごく楽しくて、経験できて良かったです。ものを売る、作るだけじゃない、世に発信していくには、ものの良さを自分の言葉で語れなければいけない。ものづくりに携わることで、それが自然とできるようになっていたのは、自分にとって大きな強みになりました。

辞めるなら、自分も周りもポジティブな状態のときにしたい!

クレッシオーニのネックレス。「気に入ったものは毎日つけたりして、長く愛用しますね。このネックレスたちも3年くらい使っているのでレザーにいい感じの味が出てきて、お気に入りです」

ーー退社を決めたきっかけは?

辞めるなら、自分もチームもポジティブな状態のときにしたいと昔から決めていました。それで、「レイ ビームス」というブランドが、私のなかでひとつ形として完成されたという手応えを感じ、自分の中でやりきったと思えたタイミングで退社を決めました。

ーーそのときは、新ブランドの立ち上げはもう考えていたんでしょうか?

なんとなくはありましたが、自分でやるというところまでは考えていませんでしたね。ちょうどその少し前に結婚したこともあり、いったん休憩をして、そこからぼちぼち何かを始められたらいいなと。

ーーまさにリセットですね。大きな転機だったのではないでしょうか。

リセットするなら今しかない、と。

前でお伝えしたように、自分の時間を自由にコントロールして好きな人たちと働けるようにするのは、決して簡単なことじゃない。努力しないと無理なことなので、そこに狙いを定めてパワーを持っていきたいと思っています。

ーーフリーのPRとしてもご活動を?

はい。ビームス退社後は、フリーランスとして活動をしています。アダストリアのグループ会社から大人向けのブランドがデビューするんですが、そのPRだったり、他のブランドのディレクションのお手伝いなどもしています。

ーーなるほど。PRをやりつつ、自身のブランド「ウーア」を立ち上げることになったんですね。

そうですね。経理など、面倒な部分をみてくれるパートナーから、無理なお願いに融通を利かせてくれるメーカーさんまで、本当にありがたいことに周りにいる方たちがすごく協力してくださって。はじめてのことなので不安はありましたが、とりあえずはやってみよう! と、怖いもの知らずな感じでスタートしました。

洋服は普段使いできないと意味がない。クローゼットの中に溶けこめるものを

以下「ウーア」2018SS ルックブック より

ーー「ウーア」の名前の由来は?

「ウーア」=「Uhr」は、ドイツ語で“時”を表す言葉。時間と洋服って密接だと思うんです。例えば、90年代の頃に着ていた洋服を今でも鮮明に覚えているし、そのとき何をしていたのかも。自分が生きてきた中でも、時間と洋服って関係が密接で、その時々に何を着ていたか記憶にしっかり残っているんですよね。「ウーア」も何年か先に思い出してもらえる、そういう洋服になれたらいいなと。

とはいえ、デザインが奇抜だったり、変わった仕様になっているわけではありません。洋服は普段使いできないと意味がないと思っているので、クローゼットの中にきちんと溶けこめるものを基本にしています。

ーー2018年SSからスタートとのことですが、ビジュアルイメージを撮りにNYまで行かれたとか?

そうなんです。部屋にも飾っているんですが、昔からフォトグラファーの小浪次郎さんの写真が好きで。せっかくならこのチャンスに撮ってもらいたい! と思いオファーしました。あと、小浪さんはフィルムで撮る方なのですが、一枚の写真に“時”を刻むという点が、“時”を意味するブランド名にも合っていると感じたのも大きな理由です。

ーーとてもストーリー性があって素敵でした!

ありがとうございます。最近よく目にするブランドのルックブックって、現実的か非現実的かのどちらかしかないように思えて。そのどちらでもない、リアリティのあるドラマティックなビジュアルにしたかったんです。洋服作りもそこを基準に考えているので。

「ウーア」2018年SS新作。「価格帯は2〜3万円台が中心。肩のラインをなくしたり、紐を結んでサイズ感を調整できたりと背の高い人、小柄な人、どんな体型の方でも着ていただけるような作りにしてあります。サイズ展開は一応作っていますが、着方によってどちらを選んでもいい、サイズ感やシルエットなどは着る人に委ねたいなと」

ーーブランドの立ち上げにしても、ニューヨークでのビジュアル撮影にしても、「好きな人たちと自分の時間を自由にコントロールをして仕事がしたい!」とおっしゃっていた40才の目標にかなり近づいているのではないでしょうか。

そうであって欲しいなと思います。

ーー「ウーア」はどこで購入できるのでしょうか?

いくつかのセレクトショップにて展開いただく予定です。

ーー最後に。今後の目標は?

今のペースを崩さずに、手の届く範囲で丁寧に続けていきたい。このスタンスは何があろうが変えずにやっていきたいなと思ってます。

濱中鮎子(はまなか・あゆこ) 「ウーア」ディレクター・フリーPR

「ビームス」プレス、「レイビームス」ディレクターとして活躍後、自身のブランド「ウーア」を立ち上げる。その他に、ウィメンズブランドのフリーPRとしても活動。インスタグラムのフォロワー数は2.8万超え。“チャイ坊”の愛称で親しまれる愛猫の写真が可愛すぎると話題を呼んでいる。

行動あるのみ!すべては“なりたい自分”を叶えるため

“理想の40代”に向けて一歩一歩着々と歩む姿勢には、おっとりとした雰囲気からは想像がつかないほどの強い決意と努力が感じられました。仕事をする上で大切にしていることは、「ただ、真面目にやること!」とおっしゃっていた通り、ひとつひとつ丁寧に言葉を選んで話す姿が印象的でした。濱中さんの活躍ぶりは、ビームスプレス時代から雑誌やSNSを通じてずっと拝見していた編集O。同年代として、新たなステージへ挑戦する濱中さんの行動力に、とてもいい刺激をもらったインタビューでした。

撮影/田中祐介

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事