わたしの偏愛ストーリー

人気モデル野崎萌香さんの「豆大福愛」がハンパないって噂!

SPECIAL 2017.6.28

「何かを偏愛する人の話は面白い」。 そんなHOLICSのコンセプトを体現する人々をインタビューするこのコーナー。 記念すべき第1回目は、数々の女性誌に引っ張りだこの人気モデル、野崎萌香さんが登場。「小さい頃から好きなものがあるとそればっかり。一度ハマると永遠に飽きないの」。自身の性格をそう話す野崎さんにとって、なかでも〝偏愛感〟が強いのが「大福と和菓子」。そのこだわりをHOLICSならではの視点で掘り下げます。

  • facebook
  • twitter

お餅がこの世でいちばん好き!年間200個は食べてるんじゃないかな。

野崎さんの撮影現場には、いつも和菓子がテーブルに並べられている。そう、野崎さんの和菓子好きは業界内では有名な話。この世でいちばん好きというお餅は、なんと年間200個ペースで食べているそう! 中でも、大福に対する偏愛感がものすごいって噂を耳にし、このたび取材を敢行! ふだん人に話す機会があまりないという大福愛について存分に語ってもらいました。

わたしが元気のないときは、みんなが大福をくれるの(笑)

ーー大福好きはいつから?
小さい頃からお餅がこの世でいちばん好きな食べ物。小学生の頃によく配られるプロフィール帳のようなものの〝好きな食べ物〟欄には、必ず〝お餅〟と書いていました。大人になった今もそれは全く変わっていなくて、わたしが落ち込んでるときは、マネージャーさんやまわりの友人たちみんなが大福をくれるくらい(笑)。

ーーどのくらいのペースで食べてる?
お餅を食べるのはだいたい週4ペース、数えると年間約200個! 中でも、豆大福は週1〜2ペースで食べてます。

ーー大福の中でも豆大福に詳しいと聞きました。それはなぜ?
雑誌やCM、ドラマなどの撮影現場では、色んなスタッフの方がいる中、豆大福って老若男女問わず人気なんですよ。甘いものが苦手な男性でも、豆大福なら食べる人もいたり。人と会うときに何か食べ物を渡すのが好きなんですが、「誰もがが喜んでくれて、かつ自分ももらってうれしいものって何だろう」と考えたときに浮かんだのが豆大福でした。それから、仲の良い女友達に会うなら、豆大福の王道「塩野」、いつもおしゃれな先輩への差し入れなら感度の高い「しろいくろ」、男性が多い撮影現場に行くなら男気溢れる「松島屋」にしようとか、相手に合わせてお店を変えているうちに、すっかり詳しくなりました。

ーーこしあん、つぶあんどっち派?
両方好きだけど、どちらかというとつぶあんかな? そうそう、こしあんとつぶあんだと、つぶあんの方が小豆の存在感も相まって、全体的に〝まめまめしい〟感じが強くなるんです。香ばしさが増す気がするんですよね。逆に、こしあんは、黒豆1つ1つの存在感が生きてくる感じ! あんの種類でも味わいがぜんぜん違うんです。

ーー豆大福の魅力って?
お餅を使った和菓子ってたくさんあるけど、豆大福はお店の個性がすごく表れるのも魅力のひとつ。例えば、豆の煮方や味つけだったり、あんと餅の分量の違いで全く味が変わってくるからおもしろいの。わらびもちやみたらし団子など、他の和菓子って、『だいたいこんな感じだろうな』という想像がつくけど豆大福にはそれがない。だから、食べるたびに感動があって、飽きないです!

大の豆大福フリーク!野崎萌香さんが「利き大福」やってみた。

豆大福に対する熱い想いを語ってもらったあと、利き酒ならぬ〝利き大福〟をやってもらうことに! 目の前に広がる5つの名和菓子店の豆大福を眺めながら、「自信ないかも〜!」と不安がる野崎さん。結果はいかに!?

用意したのはこの5つ!

15軒くらいある野崎さんおすすめの豆大福の中からピックアップ!

手前から時計まわりに
◎松島屋
◎しろいくろ
◎松月
◎塩野
◎伊勢屋

「大きさも違えば、豆の量や大福のフォルムもさまざま......それぞれ特徴がしっかり表れるところも豆大福の面白いところ!」

利き大福スタート!

1つ目を試食!

  • page 1 of 6
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事