ヘアメイク松田未来の「私らしく生きる美容論」

vol.8 自分のカラダは自分の手で“触れる”ことで応えてくれる

SPECIAL HOLICS編集部 2019.6.22

「自信が湧いてくる!」「女に生まれて良かったと思える♡」「自分のことが好きになれました」人気ヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんの考える「女を磨く美学」には、きれいになれるだけじゃなく、毎日を機嫌良く過ごすためのアイデアがぎゅっとつまっています。新連載「私らしく生きる美容論」(毎週土曜配信)では、未来さんが心から良いと思った美容アイテムのみをご紹介。自分らしい人生を生きるための“私だけの味方”に変えてーー。

vol.8「自分のカラダは自分の手で“触れる”ことで応えてくれる」

最近、大切だと思うことのひとつ。

「自分のカラダに興味を示すこと」

スキンケアやダイエットにインナーケアetc.女性なら誰もがみな興味はあるだろう。

けれど、即効性や数字ばかりに意識が向いていないだろうか。

きれいへの近道は、“急がば回れ”。まずは自分のカラダを知り尽くすことから始まる。

私の周りにいる美女たちは、自分のカラダのことをよく知っているし、前のめりに興味を持っているように思う。

美しくなること、美しくいることにとても貪欲だ。

「なにか特別なことしてる?」と聞いても、「特にしてないよ、お酒も飲むし!」なんて笑いながら答えるけれど、例えば、バスタイムの話になったりすると、「◯◯の入浴剤が良かった」「湯船で足裏をほぐしておくと、お風呂上がりのフットマッサージが楽なんだよね」なんて声が飛び交う。

自分のカラダに触れ、労わることが当たり前になっているから、“特別なこと”は特にしていないという答えが返ってくるのだろう。

自分のカラダに触れる習慣を持ってみよう。
湯船に浸かるとき、オイル成分が入っている入浴剤を入れると、脚や腕のマッサージが負担をかけずに行える。

お風呂上がりは、まだ水気のある柔らかいカラダに、ボディクリームを丁寧に触れながら塗り込む。

“心地よく眠れる”香りを想像しながら選んだアロマやオイルを混ぜると、ベッドに入ったあとも優しくてあたたかい余韻に浸れる。

毎日丁寧に自分のカラダに触れていると、わずかな変化に気づくことができる。体重が一気に増えることもないだろう。

食べ過ぎや運動不足などが原因で体重が増えるのは、厳しい言い方かもしれないが、自分のカラダに愛情を注げていない印だと思うのだ。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード