ヘアメイク松田未来の「私らしく生きる美容論」

vol.31 私らしく生きるモチベーションの高め方

SPECIAL HOLICS編集部 2019.11.30

「自信が湧いてくる!」「女に生まれて良かったと思える♡」「自分のことが好きになれました」そんな声が多く寄せられるヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんの超人気連載「私らしく生きる美容論」(毎週土曜配信)。きれいになれるだけじゃなく、毎日を機嫌よく過ごすためのアイデアと、未来さんが心から良いと思った美容アイテムのみをご紹介。自分らしい人生を生きるための“私だけの味方”に変えてーー。

私らしく生きるモチベーションの高め方

2019年もあと一ヶ月で終わろうとしている。

私のインスタグラムでお知らせした通り、この連載もこれが最後の記事になる。

とにかく今年は変化の年だった。インスタグラムやYoutubeなどSNSで顔を出すようにしたり、トークショーやデモンストレーション、取材にインタビュー。なにかと人前に出る機会が増えた。

自分の好きなこと、得意なことしかしていないからか、周りの人たちに私がやりたいことが伝わって、次から次へと楽しい仕事が舞い込んだ。

そのぶん、見られているという緊張感も高まり、発言する時はいつも背筋が伸びる思いだ。

そしてその発言は、見る人によっては“強い女”に映ることもあるらしい。

もちろん仕事を通じて、強くなった面もあるけれど、些細なことで落ち込むこともあれば、やる気が出ない日だってもちろんある。基本的には普通の人間だ。

けれど、この数年間、しっかりと自分と向き合い、“私”について研究してきたからか、モチベーションの保ち方や高め方、何にうれしい、幸せだと感じるのかは分かってきた。

やる気を出したい時、
気持ちを浄化させたい時、
集中力を高めたい時......何をすれば良いのか。

どれも行動が異なるうえ、その時の気分によっても変わってくる。

自然の中で過ごす一泊二日のリトリートに出かける時もあれば、一輪の花を部屋に飾れば事足りる時もある。

気の許せる友人と美味しいものを食べに行って“私”を保つ時もあれば、新しいリップ一本で、急にやる気に満ちる時もある。

そうやって心の調子を微調整してあげるのが、私が私らしく過ごせるコツなんだと思う。

それは決して他人からは得られない。どんなことで気持ちが浄化されるかなんて、本人にしか分からない。

だから、自分で自分を診てあげるのだ。

大ごとになる前に、毎日、ちょっとずつ心のケアをして、できるだけベストコンディションでいられるよう努める。そうすることで心に余裕が生まれるから、機嫌良く過ごせるし、他人にも自分にも優しくいられる。

それでこそ大人の女性だと思うのだ。

いくら美しくても自分の取り扱いが分かっていなければ、“きれい”とは呼べない。

私は何が好きで、何を心地良く感じるのか。

そこにアンテナを張ることで、自ずと好きなことや好きな人が集まってくるのだ。

マインドというのは、外見やまとう空気だけじゃなく、生き方に滲み出るもの。

他人に優しく、品があって、自分のことを分かろうと努める人。
そんな粋な人には運も縁も良いものがやってくる。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード