すべての女性のための偏愛ミュージアム

好きを仕事につなげたひと

NYでケータリング起業。元雑誌編集・伊澤実佐子さんの必然とは

SPECIAL 2017.8.4

「好き!」の熱量には説得力があり、「好き!」の裏側には、その人なりのストーリーがあります。そんな“好き”を仕事にしている人々をインタビューしていくシリーズ“好きを仕事につなげたひと”。会社のオーナーへと華麗なる転身を遂げたshikinycオーナー・シェフの伊澤実佐子さん。「雑誌」と「ケータリング」、“好き”から“好き”を掴んだ伊澤さんのサクセスストーリーをお届けします。

お弁当作りと雑誌作りって、根本的な部分は一緒だと思います

女性誌のファッションエディターをしていた伊澤さんが、NYでお弁当のデリバリーやパーティーのケータリングを行う会社を立ち上げたのは、39歳のとき。色彩感覚や配置バランスなど、長年雑誌作りで培ったセンスを落とし込んだお弁当は、見た目にも鮮やかで、アートといっても過言ではないほど。最近は、お弁当にとどまらず、企業向けのケータリングも増えているといいます。新たな挑戦がカタチになりつつある今、充実したNYライフを過ごす彼女にお話をうかがいました。

子どもの頃から雑誌がとにかく大好きで。真似事で雑誌を作ったりしていましたね

――もともとはエディターをされていたんですよね。

はい。新卒で世界文化社に入社、「MISS」、「家庭画報」、「BEGIN」などの編集部に在籍し、エディターとしての経験を積みました。その後退社し、集英社「Marisol」創刊直後に専属エディターに。そう考えると、大学を卒業して以来、ずっとファッション誌に携わってきました。

ーーいつからエディターを志していましたか?

子どもの頃から雑誌がとにかく大好きで。文字とビジュアルが組み合わさったデザインに興味を持ち、自分でも真似事で雑誌を作ったりしていました。また、制服のない学校に通っていたから、子どもの頃から毎晩寝る前に翌日のコーディネートを考えるのが好きでしたね。今思えば、ファッションエディターになったのは必然。というか、自分に合ってたんだなって思います。

興味がファッションからライフスタイルへ。 それが仕事はもちろん、人生の転機でもあった

――NYでケータリングフードの会社を立ち上げることになった、その転機はいつだったんですか?

昔からファッションが大好きだった。だけど、年齢とともに好きなことって変わっていくじゃないですか。20代は手当たり次第、さまざまなファッションにトライ、30代になると自分に似合うものが分かってきて、40歳手前に差しかかると、逆に興味が薄れてしまったんです。それと同時に海外を行き来するようになって、次第にファッションを仕事にすることに意味が見出せなくなった、みたいな......。

――海外と日本だと、ファッションへの考え方も違いますもんね。

そうですね。例えば日本は、1つのアイテムが流行ると誰もがそれに飛びつきますよね。そういう文化はNYにはないかな? 好きなものを自由に着てる!  でもそれが、いまの私には楽だと感じました。

――それで、興味のあることが変わっていったと?

はい、ここ2~3年のことですね。年齢も重ねたせいか、ライフスタイルを大切にしたいって思い始めたんです。若い頃はとにかくがむしゃらで、稼いだお金でバッグや靴を買う。確かに楽しかったけど、だんだんと何か違うなって。稼いだお金で生活を整えるとか、きちんと食事をとるとか、旅に出るなどライフスタイルを充実させたいと思い始めたんです。

NYの人たちのライフスタイルが、会社立ち上げの大きなヒントに

――NYでの起業を具体的に考え出したきっかけは?

プライベートで頻繁にNYに足を運んでいて感じたのが、NYの人たちはヘルスコンシャスで、日本よりオーガニックに対する意識が高いということ。ヘルシーだから和食が好きという人も多くて。あと、みんなすごく忙しいから、平日の昼間はお店にパッと入ってサラダを15分くらいでササッと食べるんです。その姿を見たときに、ヘルシーで手軽な和食弁当があったらきっとみんな食べてくれるに違いない。「これは、ビジネスになりそう!」と直感が働きました。

――料理の腕はどこで磨いたんですか?

料理はもともと大好きで、自分用にお弁当をよく作ったりもしてました。あとは、母親が料理教室をやっていたので、料理というものがずっとそばにあった気がします。ただ、エディター時代は忙しすぎて作る暇もないし、遠のいてはいましたね。なので、“お弁当”ならではの料理や盛り付けを学ぶために、日本のケータラーのもとで2~3ヵ月ほど修行しました。

――その後、渡米してすぐ起業を?

はい。やっぱりフリーと組織では圧倒的に信頼度が違うし、許可の関係もあり、会社にしました。NYに引っ越してからすぐ必要な免許を取り、3~4ヵ月ほどで立ち上げて。フードを売るパーミットがNYはすごく厳しいので、必然的な選択だったんじゃないかなと思います。

――初めてで、しかも異国の地で、どのようにして会社の知名度を上げたんですか?

口コミ、インスタグラムが大きかったですね。あとは、NYはアジア系アメリカ人が多く、彼らの食の嗜好って日本人に似ているんです。だから、彼らが好んで読む雑誌や媒体に広告を出したのは功を奏したと思います。最初はお弁当から、だんだんとケータリングのオーダーが増えました。

盛り付けセンスは、エディター時代に培ったもの。 色の加え方や配置など、細かなところまでこだわります

――NYのお客様の反応はどんな感じですか?

もちろんベジタリアンは多いし、肉はダメ、でも魚はOKという人もいれば、“デイリーフリー”といって卵、チーズ、牛乳を一切とらない人もいる。ナッツアレルギーも深刻だったり、ビーガンやグルテンフリーの人など、嗜好がとにかく細かく分かれてるんですよ。今はベジとノーマルしか対応していないんですが、少しずつ勉強しながら取り入れていこうと思っているところです。私がターゲットにしているのは食にコンシャスな人だから、とくに細かな注文が多い気がします。

――敏感な人とそうじゃない人の差が激しいんですね。味付けに工夫はありますか?

最初は、日本の食材を手に入れようと頑張ったんですが、割高だしフレッシュじゃないことも多くて。ほうれん草の白和えならケールでやってみようとか、こっちの食材を日本の素材がわりにフュージョンっぽく使っています。思い返せば母がわりと西洋思考の人で、“母の味”と言われても意外に和食じゃないんですね。そういうのを考えると、完全なる和食というよりも、西洋の要素を取り入れたフュージョン料理のほうが自分的にもしっくりきました。

――具体的に、和食をどうアレンジしているんですか?

基本的にローカルの素材を使うようにしています。アメリカ人の嗜好に合わせ、野菜はケール、お魚はサーモンが多いかな。NYの日本食では、サーモンというと照り焼き一辺倒だから、あえて南蛮漬けにしてみたり。同じサーモンだけど、「ぜんぜん違う!」という驚きがあるかもしれないですね。ミートレスミートと言って、ベジタリアン用フェイクのひき肉も最近はよく使います。

――初めて食べる料理にびっくりする人が多そうですね。

意外にのりの佃煮が人気とかね、反応がおもしろい(笑)。実は、お弁当と雑誌作りは似ているところがあって。雑誌もいろんな情報がある中からエディットして、限られたページのスペースにこの色を、文字を、余白をと、デザインを考えるじゃないですか。お弁当も同じで、限られたスペースで配置とか、盛り付けとか、色の加え方とかを考えるんです。そこがビジュアル作りにすごい似てるなと。だから、盛り付けは毎回楽しい!

おもしろいバックグラウンドを持った、スタートアップの会社の人たちが たくさんいて刺激を受けます

ーー調理はどちらで?

今年に入って、シェアキッチンを使うようになりました。NYには、衛生上、必要な審査に通った大きな業務用キッチンがあって、私のようなスタートアップの会社がいくつも集まりシェアして使っているんです。

ーー他の方たちは、どんな食材を扱っている会社なんでしょう?

難民たちがシェフとなって自国の料理を披露するケータリング会社や、タトゥーに髭といった強面の男性たちが作る、甘くておいしいスイーツを扱う会社など、おもしろいバックグラウンドを持った人たちがいる、とても刺激的な環境です。

ーーとても楽しそうですね。

はい。早朝から夜遅くまで同じ場所で働いているから、同僚のような感情が芽生え、困ったときには助け合ったり。いつか彼らとコラボができたらいいな。NYは“人種のるつぼ”というように、さまざまな人種が集まっている。このキッチンで働くようになってから、よりNYが好きになりました。

イライラしちゃうことが日本の100倍くらいある(笑)。それでも、私にとってNYは気持ちいい環境です。

――長年いた業界を離れるのは大きな決断ですが、寂しさとかはありましたか?

最初は後悔すると思ったけど、それがまったく未練なくて。自分でもびっくりしていることです(笑)。

――NYでの起業に、周りの反応は?

両親は心配してるでしょうね。でも、いつかは起業したいって思いはずっとありました。父が会社経営者で、幼いころからその姿をみていたし、結局フリーエディターだって事業主でしたし(笑)。

――NYの魅力って?

日本にいると40歳になる女性が今までと全く違う仕事を始めると「大丈夫?」って心配から入るじゃないですか。でも、NYは自由だから、必要以上に心配されることも、縛られることもない。NYでの仕事は、今までのようにスムーズにいかず、イライラしちゃうことが日本の100倍くらいあるんです(笑)。それでも、私にとっては気持ちいい環境です。

会社をもっと大きくして、料理だけじゃなくディレクション的なことにも挑戦したい!

――近い将来のビジョンは?

今はとにかくクッキングに時間を取られているので、料理人のスタッフを雇って、営業やディレクション的なことにも挑戦したいんです。だから、少しでも早く会社を大きくして、事業展開をしていきたい。

――事業展開とは、例えばどういうことでしょう?

最近、頼まれることが増えてきたケータリングに力を入れたいなと。あと、小さなデリショップもしたい! ショーケースに日本のおかずが置いてあって、お好みで組み合わせて持って帰ってもらうイメージ。テイクアウトスタイルのシックなお店ができたらいいなって思ってます。それと、売り上げの一部をホームレスだったり、病気の子どもだったり助けを必要としている人の為にあてたい。今はそれどころじゃないですが(笑)。

――最後に、伊澤さんにとって仕事とは?

それこそ“好きじゃないと務まらない”こと。もちろん、仕事はつらいなって思うこと多いですよ。でも、その日のお弁当が満足のいく仕上がりだったり、お客さんに「おいしい!」って言われたりすると、素直にうれしい。雑誌作りもそうだけど、自分のページがカタチになったとき、「可愛いな」って思えたり。だから、昔も今も、仕事の根本に“好きだから楽しい”というのがありますね。仕事というよりも、“楽しい”や“好き”が、どんどん広がって、それで生活できるんなら最高じゃない? って(笑)。

ひとつの仕事を全うすれば、自ずと進むべき道が見えてくる

NY在住の伊澤さんには、電話でインタビューさせていただきました。センシティブな質問が飛び交う取材は、ただでさえ緊張するのに、今回は相手の表情が見えない電話取材。ドキドキする私の心配をよそに、伊澤さんは、どんな質問にも簡潔明瞭に答えてくださり、ポジティブなパワーに溢れたお人柄が、電話越しでも十分に伝わってきました。伊澤さんが起業家として次のステージに登れたのも、編集者としての仕事を楽しみ尽くしたからこそ。取材後は、「同じ編集者として、私もがんばろう!」と、ふつふつとエネルギーが湧いてきた編集Oなのでした。

伊澤実佐子(いざわ・みさこ) shikinycオーナー・シェフ

NY在住。2016年ケータリングフードを提供する会社「sikinyc」を設立。お弁当のデリバリーから、数々のパーティーでのケータリング業務を行う。元女性誌ファッションエディター。

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事