わたしの偏愛ストーリー

ハネムーントラベラーの400日で48ヵ国ドローン新婚旅行とは

SPECIAL HOLICS編集部 2017.7.21

「何かを偏愛する人の話は面白いーー」。「好き!」の熱量には説得力があり、「好き!」の裏側には、その人なりのストーリーがあります。そんなHOLICSのコンセプトを体現する人々をインタビューしていくシリーズ“わたしの偏愛ストーリー”。今回は、400日で48ヵ国の新婚旅行に出かけ、ドローンで撮り続けた映像が世界中で大きな話題を呼んだ、山口千貴さんと真理子さん。そんな自称“普通の夫婦”のラブストーリーをお届けします。

取材中印象的だったのは、お互いがお互いを少しも悪く言うことがなかったこと。それが取材だからということではなく、きっと旅の途中もそうだったんだろうなあと、随所に思いやりと「あ、うん」の呼吸を感じました。そして、自分たちが思っている以上に実は旅が好き、ということを、このハネムーンを通して気づいたご様子。次はどんな旅に出て、どんな形にして届けてくれるのか、今から楽しみです!

山口千貴・真理子(やまぐちかずたか・まりこ)

「ドローンを片手に世界一周新婚旅行」と題した400日間の自撮りプロジェクトは、イギリスBBCやナショナルジオグラフィックをはじめとする海外大手メディアに次々と取り上げられ、その映像は瞬く間に世界中で話題に。著書「ドローン片手に世界一周新婚旅行 - 空飛ぶ絶景400日」。

  • 5/5ページ
  • Icon paging first
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード

この記事のキーワード