ヘアメイク松田未来の「私らしく生きる美容論」

vol.2 色気ある美しさは、あたためることで作られる

SPECIAL HOLICS編集部 2019.5.11

「自信が湧いてくる!」「女に生まれて良かったと思える♡」「自分のことが好きになれました」人気ヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんの考える「女を磨く美学」には、きれいになれるだけじゃなく、毎日を機嫌良く過ごすためのアイデアがぎゅっとつまっています。新連載「私らしく生きる美容論」(毎週土曜配信)では、未来さんが心から良いと思った美容アイテムのみをご紹介。自分らしい人生を生きるための“私だけの味方”に変えてーー。

Vol.2「色気ある美しさは、あたためることで作られる」

「冷えは万病のもと」

“冷え”が体に良くないことは、誰もが知っている。

それなのに、メイクやファッションよりも“冷え対策”の優先順位は低くなりがちだ。

ただ、品のある色気をまとっている人や、思わずはっとする美しさを持っている人は、“あたたかい状態の自分”を保つことを、しっかり最優先においている人が多いのも事実。

“あたためる”と一口に言っても、その方法はさまざま。

例えば、ヨガやトレーニングなどの運動をして体幹を鍛えながら基礎体温を上げたり、毎晩、湯船に浸かったり、体をあたためる作用のある食べ物や飲み物を好んだり......。

いちばん大切なのは、“あたためること”を楽しむこと。「しなきゃいけない」義務感に駆られると、どんなことも続かなくなる。

「面倒臭いなぁ」と、つまらない顔をしながら温活をするより、わくわくしながら取り組んだ方が体にも心にも響く。

そして自分ひとりの力では限界もある。そんな時は上手にアイテムに頼ってはどうだろう。

眺めるだけで気分が高まる可愛いパッケージ、幸せな気持ちに浸れる香りのもの、安心して使える優しい成分のものなど、今の時代はうれしいことに、素敵なあたためグッズが溢れている。

「ちょっとしたご褒美に、この入浴剤で朝風呂に浸かろう」
「明日は休みだから、ゆっくりクレイパックしながら足浴をしてみよう」
「一日の目の疲れは、玄米カイロで癒やそう」

おしゃれをするように“あたためること”を楽しむ。
コスメを買うようにわくわくしながら、あたためグッズを選んでみる。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード