好きを仕事につなげたひと

30歳で上京。服偏愛者・長尾悦美さんが掴んだバイヤーという夢

SPECIAL 2017.8.25

「好き!」の熱量には説得力があり、「好き!」の裏側には、その人なりのストーリーがあります。そんな“好き”を仕事にしている人々をインタビューしていくシリーズ“好きを仕事につなげたひと”。今回ご登場いただいたのは、髙島屋セレクトショップ「スタイル&エディット」バイヤーの長尾悦美さん。販売員歴13年、バイヤー歴5年。18年もの間、長尾さんを魅了し続ける「服」を扱う仕事。その魅力とは?

  • facebook
  • twitter

人と人がつなぐ仕事の縁。出会いには恵まれていると思います

新品とヴィンテージをMIXした着こなしに、トレードマークの赤リップ。インスタグラムに投稿されるハイセンスな私服が、おしゃれすぎると話題の長尾悦美さん。そのフォロワー数は19.7千人を超え、高感度なファッション誌にもたびたび登場する彼女の職業は、髙島屋セレクトショップ「スタイル&エディット」の敏腕バイヤー。お父さまのスタジャンを着て登校していたという小学5年生から、長尾さんの“ファッションホリック”な人生が始まりました。

父のVANのスタジャンを着て学校へ。ランドセルは背負わない子どもでした

右手人指し指/エルメス、右手中指/ヴィンテージ、右手バングル/セルジュ・トラヴァル、左手人差し指/トムウッド、左手バングル/フミカウチダ

ーーずばり、おしゃれに目覚めたのはいつ?

お年玉をつぎ込んで服を買うようになったのは、確か小学5、6年生くらいだった気がします。

ーー誰かの影響ですか?

父がすごく服が好きで、地元ではちょっとした有名人だったんです。私が4歳のときに他界してしまったのですが、リーバイス501や VANのスタジャン、ウエスタンブーツなど、父の愛用品を母が大切に置いていたので、小学生の頃から父のワードローブを漁るのが楽しくて、大好きでした。

ーー自然と好みもメンズファッション寄りに?

そうですね。小学5、6年の頃は、父のVANのスタジャンを着て学校に通っていましたし。トラディショナルなファッションが好きな父の影響で、冬はダッフルコートを着たり。ランドセルは背負わない子どもでした。

8年前に購入した古着のガウン。「最近やっと着こなせるようになってきました」

アルバイトで稼いだお金はすべて服に使っていました

バレンシアガのイヤリング。フミカウチダとヴィンテージのネックレスを重ねづけ。「SATCでキャリーがつけていたような、90年代っぽいネームプレートのものはネットで」

ーーファッション業界に入ったのは就職で?

正式にはそうなるのですが、高校時代に販売員のアルバイト経験があります。母とよく通っていた「ドゥファミリィ」のオーナーに「うちでアルバイトしてみない?」と声をかけられたのがきっかけでした。

ーー高校卒業後は、進学を?

大学には行かず、東京の服飾系専門学校へ進むつもりだったのですが、母に上京を反対されて。じゃあ札幌に行きたいと言ったら、ちょうど父の親友がビームスの社長と釣り仲間で、口を聞いてくれて「ビームスボーイ」に就職することになったんです。当時は「ビームスボーイ」のショッパーを持ち歩くことがステイタスのような時代だったので、舞い上がるような気持ちでした。

ーーその後は?

2年半くらい販売をやらせてもらったのち、退社しました。ちょうど21歳になった頃だったんですが、リーバイス501は履くけど、足元はスニーカーではなくヒールを履きたいとか、自分の中でファッションの思考が、少し女っぽく変わってきて。「ビームスボーイ」のテイストと合わなくなったので、思い切って退社を決めました。

「生意気で、すぐに辞めそう」そう思われていたみたいです(笑)

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事