ヘアメイク松田未来の「女を磨く美学」

女って楽しい♡vol.20 髪に“愛情”を注ぐことで、女の印象は変わる

SPECIAL 2018.12.8

ヘアメイク松田未来(まつだ・みらい)さんが、日々の暮らしの中で感じる“女磨きの美学”をテーマごとにお届け。女性の“美”に触れる機会の多い未来さんが日常的に取り入れているこだわりは、どれも“自分を大切にする”ことばかり。自身を慈しむ行為は、小さな自信を生み、女性を美しくする作用があるのです。今回のテーマは「髪に“愛情”を注ぐことで、女の印象は変わる」です。「今よりもちょっぴり自分のことを好きになれるかも......」そんなワクワクが女磨きへの原動力になるはず♡

  • facebook
  • twitter

vol.20「髪に“愛情”を注ぐことで、女の印象は変わる」

仕事柄なのか、
無意識に人の髪をつい目で追ってしまう。

そして思う。

髪は、肌と同じで、
人となりがあらわれるような気がする。

センスや年齢、性格までも......

白髪混じりの髪を
きれいにコーミングしているミセスは
とても上品で素敵だし、
美しく整えられた潔いショートヘアには色気を感じる。

おそらく、
髪に愛情があるかどうかで、
その人の印象は大きく変わってくる。

髪の毛を乾かさないで寝ていませんか?

何年も同じシャンプー&トリートメントを使っていませんか?

最後に髪の毛をカットしたのはいつですか?

今朝、髪をとかし(*1)ましたか?

髪に愛情を注ぎ大切に扱うと、自ずと艶が生まれるもの。

また、髪には「念がこもる」とも言われていて、
髪を切るとすっきりするのは、
衛生的な感覚にくわえ、
気持ち的にもなにか吹っ切れるから。

以前、美容師をしていたとき、
お客さまの髪を切るときは、
髪と一緒にもやもやしている気持ちも
カットするつもりでハサミをいれていた。

女性が髪を切るとき、
そこにはいろんな理由が存在する。

気分をすっきりさせるため
美しくなるため
勇気をだすため
新しい自分になるため。

髪を切るということは、
言わば気持ちを整えること。

美しくなるうえ、
気分も晴れやかになり、
清潔感と爽快感を得られる。

“見た目の美しさ”を積み重ねることは、
心をどんどんクリーンにしていくことに比例している。

自分の髪に愛情を。

愛とは興味を持つこと。
すべてはそこから始まる。

「最近乾燥してるかも」
「指通りが良くないなぁ」
「枝毛がこんなにもたくさん!」
とか、

小さな髪のSOSに気づいてあげて
“助ける”ためにケアをすること。

ただ「傷んでるなぁ」と思うだけでは、
興味を持つ(愛情を注ぐ)うちには入らない。

ちゃんと行動しなければ。

良い相乗効果は、積極的に取り入れていこう。

持って生まれたその素敵な髪が喜ぶケアは? ヘアスタイルは? 

信頼のおける美容師に相談してみたり、
自分であれこれと試してみるのもいい。

女の印象は髪ひとつで大きく変わることを
きっと実感できるから。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事