すべての女性のための偏愛ミュージアム

好きを仕事につなげたひと

日本一予約の取れない経絡整体師・朝井麗華さんの揺るぎない夢

SPECIAL 2017.11.8

“おっぱい番長”の名で、女性誌やテレビなどさまざまなメディアで引っ張りだこの経絡整体師・朝井麗華さん。23歳で直面した転機、愛する人の想いを生きる力に変え、日本一予約の取れない整体師と言われながらも、今もなお「夢」に向かって走り続けるその原動力とは? 今回は、朝井さんのキラキラと輝くハッピーな笑顔の裏側に迫ります。

転機は、23歳のとき。ご主人に病が見つかり、二人三脚の闘病生活が始まりました

たったの2週間でバストアップが叶うと話題の“乳トレ”で、数々の女性誌やメディアで大活躍の“おっぱい番長”こと経絡(けいらく)整体師の朝井麗華さん。いつも生き生きとした笑顔が魅力的な朝井さんに転機が訪れたのは、まだ23歳の頃。最愛のご主人に病が見つかり、3年半の闘病生活が始まりました。必死の看病を続けるなか、幼い頃から興味のあったアロマセラピー、さらに東洋医学や中国整体の推拿(すいな)療法を学び、“何か”に導かれるようにして経絡整体師となった朝井さん。その“何か”とは? 

「主人が命がけで教えてくれた」という使命を全うすべく、努力を惜しまず笑顔で突き進む、朝井さんの仕事ヒストリーをお届けします。

物心ついた頃には、身体のケアやヨガに関する本などが身のまわりに

ーーもともとはアロマセラピストだったそうですが、アロマとの出会いは?

高校生の頃に雑誌か何かでエッセンシャルオイルの存在を知ったんです。アロマグッズなどは100円ショップで簡単に手に入ったので、玄関先やベッドルームに置いて楽しんでいました。セルフマッサージの本を買い出したのもちょうどその頃です。

ーーということは、高校生の頃から将来は美容の道に進むことを望んでいたのでしょうか?

いいえ、その頃は考えていませんでした。短大に進学後は、健康や身体に携わる医療系の仕事に就きたいと思い始め、臨床検査会社に入社しました。とはいえ、当時はとくになりたい職業などもなく、ちょうど就職氷河期だったので、「入社できてラッキー」くらい(笑)。

ーーなぜ、健康や身体にまつわることに興味を持ったのでしょう?

父がウエイトリフティングの選手だっということもあり、家には身体のケアやヨガに関する本などが置いてあったので、読み漁っては、女性らしいボディラインになるエクササイズなど見よう見まねでやっていましたね。あと、中高生が読むファッション誌の美容ページも大好きでした!

自分が一生をかけて全うするべきことを、主人が命を懸けて教えてくれた

ーーその後、どのようにしてアロマセラピストに?

勤めていた臨床検査会社を寿退社し、その後、アロマ講座を受けに行ったりして、少しずつ勉強を始めました。今までは香りを楽しむ程度だったアロマが、実は喉の炎症やニキビ、内臓不調やうつ病にまで、海外ではさまざまな治療に使われていることを知り、目から鱗でしたね。

ーーそれから本格的にアロマの勉強を?

ちょうど結婚して半年経った頃だったのですが、主人の癌が発覚し、余命2、3ヵ月と宣告されたんです。転職を考えていた時期でもあったので、仕事を辞めて看病に専念することに。それからは、少しでも主人にリラックスしてもらいたくて、毎日アロママッサージをしていました。また、癌患者向けの食事療法の本を読み漁り、良いと言われるものは積極的に取り入れ、試行錯誤を重ねた結果、余命2、3ヵ月と言われた主人が3年半生きたんです。

ーーその頃、朝井さんはまだ23歳だったんですよね。

はい。今からもう15年も前なので、まだインターネットも今ほど普及していませんでしたし、情報を探すのにとにかく必死でした。幸せなことに両親も祖父母も健在で、「病気」というものに縁がありませんでしたし。とはいえ、そんなことは言ってられない。主人と2人、3年半かけていろんな情報を探し続けました。

ーー今では溢れかえっている「情報」を、当時は探し求めていたのですね。

すべては情報次第だと思うんです。とくに病気に関しては。今私が持っている「情報」をあのときの主人に届けられたら、もしかすると癌と共存しながらも、今も生きているかもしれない。

主人は35歳で亡くなったんですが、若くして大病をする人を世の中から一人でも減らしたい。その役目を果たす“情報屋さん”になろうと心に決めました。自分が一生をかけて全うするべきことを、主人が命懸けて教えてくれたんです。

アロマセラピスト、学生、バーテンダーと、三足のわらじを履いた生活を送っていました

ーーそこから本格的にアロマセラピストの道へ?

そのつもりでしたが、主人が亡くなってからは、すぐに社会復帰をしないと生活費がないので、バーテンダーとして働くことにしたんです。

ーーなぜ、バーテンダーを?

それには理由があって、もともとコーヒーが大好きで自宅で自家焙煎までしていたんです。その前はハーブティーにハマっていて、気分に合わせてブレンドまでして。さらにその前は、紅茶がすごく好きだったんですが、そういえばお酒のことは何も知らないなと思って。(笑)

少ししてから、バーテンダーの仕事をしながらアロマの学校に通い始めました。

ーー“好き”を見つけるのが得意な朝井さんらしい選択ですね。

バーテンダーをしつつ、アロマの学校にも行きながら、ホテルのスパで派遣のセラピストとして働かせてもらったり、自宅で知り合いに施術をしたり。アロマセラピスト、学生、バーテンダーと、三足のわらじを履いた生活を送っていました。

左・「アビオスのオーガニック フェイスケアオイルは、大豆オイル、ソイ、アルガン、ホホバ、アプリコット、ラベンダーなど、いろんなオイルがミックスされているんです。この大豆オイルに含まれているエラスチンを補給してあげると、すごく皮膚の弾力が保てるんですよ。大豆オイルって希少価値が高いので、フェイスオイル用ですが、お風呂上がりのバストマッサージに使っています」 右・「著書『おっぱい番長・朝井麗華の「ゴムチューブたすき」(宝島社)で美バストダイエット』の付録につけたコロコロマッサージャー。大胸筋の上をコロコロと転がして刺激を与え、筋肉ほぐしに」

ーーその後、アロマセラピストから現在の経絡整体師へ転身された経緯は?

セラピストとして働き始めてしばらくした頃、アロマセラピーは精神面や筋肉のリラックスへは効果が顕著なものの、四十肩やぎっくり腰といった筋肉や骨格の不調の改善にはかなり時間がかかってしまう。そのことを実感し、もっと即効性のある技を身に付けたいと、強く思い始めたんです。

ーーなるほど。目指す方向性がそこで変わったんですね。

ちょうどその頃、東洋医学基礎講座があるという情報を見つけて試しに行ってみたんです。そしたら、たまたま受けた中国整体の推拿(すいな)療法の、身体を根本から変える概念の素晴らしさを知って。もっと追求したいと思って本格的に受講することを決めました。

ーーその後、経絡整体師には、どのようにして?

受講している教室のつながりで、推拿(すいな)療法の技術を提供しているリラクゼーションサロンがスタッフを募集する際に声をかけていただいて、働かせてもらえるようになりました。2年後に独立し、狭いマンションの一室で、完全紹介制のサロン「気Reika」をオープンしました。

肩こりがふわっと消え、なかったはずの胸が風船みたいに膨らんできたんです

上から順に・朝井さんプロデュースの「Reikaブラ」、シャルレの「育乳ブラ」、パープリッシュ アイのブラ「ラ・テール」。「ブラジャーは基本的に、肉が外に流れないようにホールド力のあるものが絶対。女性の脂肪は、ほぐして柔らかくしてあげることで移動しやすくなりますから、二の腕やその他気になる脂肪をすべてカップにおさめ、キープできる仕様になっているものをおすすめします」

ーー今まで培ってきた推拿(すいな)とアロマをミックスした朝井さんの施術は、具体的にどんなものなのでしょうか。

推拿整体は、指で鍼(ハリ)のような効果を出す施術と言われているんです。鍼の施術で筋肉の奥深くまで緩めていくことを、指で行うようなイメージですね。肩が痛くて上がらなかった腕が施術後すっと上がるようになりますよ。私の施術では、その後、オイルマッサージをして全身をほぐします。例えるなら、ハンマーで岩を叩いて粉々にした破片を、オイルで流してまっさらに整えるようなイメージでしょうか。推拿整体とオイルマッサージ、両方やるとものすごい完成度なんです。

ーー朝井さん流の乳トレが生まれたきっかけは?

ある日、フェイシャルの技を開発しようと思って、友人にモデルをお願いし、おしゃべりしながらデコルテあたりを親指で集中的にケアしていたら、彼女の頑丈すぎる肩こりがふわっと消えたんです。しかも、痩せ型だったので胸もないと思い込んでいたんですが、胸周りが風船みたいにぷーっと膨らんできて!

ーーそれは、つまりどういうことですか!?

実は、彼女はもともと巨乳だったんです。でも、肩こりが酷すぎてデコルテが痩せ、胸の位置も下がり、本来の胸があるべき位置と形から遠ざかってしまっていたんです。今となっては、全身の筋肉は繋がっているので「デコルテをほぐしたことで背中の僧帽筋もほぐれた」という説明ができますけどね。(笑)

当時は、「胸をほぐして肩こりがこんなに楽に取れるなんて! これはなんていい発見なんだ!」と思って。それからいろんな人の胸の筋肉に触れていくうちに、朝井流の乳トレが生まれました。

VOCE2016年8月号

おっぱい番長・朝井麗華の「ゴムチューブたすき」で美バストダイエット(宝島社)より

「テニスボールは脇の下に挟み、両腕でキュッキュッと押さえつけて脇を刺激することで、リンパの流れを促します。下のバンドは、著書『おっぱい番長・朝井麗華の「ゴムチューブたすき」で美バストダイエット』の付録につけたゴムチューブ。これを背中につけると姿勢がよくなり、猫背を矯正してくれるので、家事をしながらできるエクササイズとしてもおすすめです。専用のものじゃなくても、ゴムチューブを結んでたすきのように八の字がけにしたらOK!」

「別に死にゃあせん」考え方のすべての基準はそこにあります

女性らしさをサポートしてくれる飲むサプリメント「ミーモ」(30包入り)2種類のゼリーをホルモンの周期に合わせて飲み分けることで、女性ホルモンのバランスを整え、心身ともに健康な体でのバストアップが可能に!

ーーお話をうかがっていると、言葉の端々に朝井さんのポジティブなパワーを感じます。生きるうえで、普段から心がけていることはありますか?

闘病中の主人は、喉が渇いてコップを持ち上げることすら命がけなわけですよ。これでもしかすると死んでしまうかもしれないと感じるくらい体力がなくなってしまっていたんですね。24時間365日3年半、すべての動作が命がけの人のそばにいたことで、これから起こるすべてのことは大したことじゃないと感じるようになりました。人間関係がうまくいかないとか、悲しい出来事があったとか。そんなことで別に死にゃあせんと。考え方のすべての基準はそこにあります。

あと、感情を溜めないようにしています。感情は溜め込むと筋肉がこわばってくるし、内臓の動きも停滞しがちなんです。整体師である以上、私がそんな状態だとナンセンスじゃないですか。感情を吐き出すようにしていると、体があまり疲れないんですよ。

ーーすっかりメディアでも活躍され、はじめにおっしゃっていた“情報屋さん”としての「夢」も果たされているかと思うのですが、次の目標はありますか?

技術を通じて社会貢献していけるような協会を作りたいと考えています。そこに多くの人たちが介入でき、たくさんの仲間を作っていけるような。あとは、現在も行っているサロンのプロデュースを強化しつつ、グッズ監修など発信することも引き続きやっていきたいですね。

ーーいつか叶えたい夢はありますか?

そうですね。主人がホスピスに入るとき、“情報屋さん”になる以外に、もうひとつ自分に誓ったことがあるんです。当時、ホスピスに入るのも順番待ちだったんですね。その後、なんとか入れてもらえ、9ヵ月間も生き延びてくれたので、そのホスピスにはとても感謝しています。でも、あのとき主人が口にした「死ぬのも順番待ちなのかよ」と言った言葉が頭から離れなくて。そんなホスピスの現状を変えるために、何か役に立てる自分になろうと決めたんです。

ーーそれは仕事として、ですか?

いえ、違います。社会貢献活動としてできたらいいなと思っています。

ーーでは、協会もその夢に向けての一歩ということですね。

はい。協会を通じて協力し合える仲間が増えたら、このボランティア活動の賛同者も増えるじゃないですか。そのためにも、自分をもっと確立し、影響力を持つことがすごく大事なことだと思っています。

朝井麗華 経絡整体師・美容家

株式会社キレイカンパニー代表。バストのサイズがUPするだけでなく、メリハリボディに導くゴッドハンド! 肩こりなどの不調改善のための施術がバストアップにつながり、おっぱい番長と呼ばれるように。著書に、「おっぱい番長の乳トレ」(講談社)、「おっぱい番長の朝井麗華直伝!DVD付くびれポリスの腹トレ」(講談社)、「病気がいやならわきの下をもみなさい」(幻冬舎)など。

揺るぎない「夢」を持つ人は、強くて美しい! 

朝井さんの口から放たれる一言一句が心に響きっぱなしのインタビューでした。朝井さんには、ブレがないというか一切の迷いがない。それは、若くして壮絶な経験をなさっているから。「生きる」尊さを誰よりも知っているから。「正しい情報=健康法を発信したいという思い以外のことには、さほど興味がない」と言い切る潔さにも心を打たれた編集Oでした。揺るぎない「夢」を持つ人は、強くて美しい! 辛い経験談があったにも関わらず、終始笑顔でインタビューに答えてくださった朝井さんのお人柄にも惚れました!

撮影/内田大介

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事