スペシャルインタビュー

黒木華さんの「自分にないものに憧れてしまう」偏愛ヒストリー

SPECIAL 2017.8.21

舞台、映画、ドラマの名だたる作品で活躍し、どんな役も変幻自在に演じ、観た人の記憶に残り続ける女優・黒木華さん。プライベートでは、読書からお笑いまで、気になるものがあったらジャンルを問わず飛び込んでいく、熱くて行動的な一面も! HOLICSだけに話してくれた偏愛ヒストリーをお届けします。

  • facebook
  • twitter

何度も読み返す本は、“偏愛”を体現しているあの本

――本がお好きで、よく読んでいるというお話をお聞きしました。

黒木 はい、カバンにいつも本を1冊は入れています。本の続きが気になって、電車に乗るとすぐに読み始めるんです。読むスピードは結構速いです。読み終わりそうになったら、本屋さんにいって“ジャケット買い”のように帯の文章を読んで買ったり、図書館で借りてきたり。友達や仕事仲間に「なにかおもしろい本ないですか?」と聞いて買うこともあります。ただ、買った本を全部家に置いておくと増えてしまうので、「これからもずっと好きでいるだろうな」というものしか残さないようにしているんです。うちにある本は、じぶんの“好き”が凝縮していて、かなり偏っているかも……本棚って、少し恥ずかしくて人に見せられないですよね(笑)。

――その中の本には、どんなものがありますか?

黒木 たとえば『窓際のトットちゃん』が大好き。何度も読んでいるのですが、学生時代に初めて読んだときは、作者が黒柳徹子さんだとは知らずに、素敵な物語だと思って読んでいたんです。「こんな学校があったらいいのにな」「個性的な方だな」って。それで、「え? 物語じゃなくて、実話だったの?」と驚きました(笑)。作者が黒柳徹子さんで、実話だということがわかってからまた読んでみると、感じ方が変わりますね。

窓際のトットちゃん

黒柳徹子著/講談社文庫 ¥821

――同じ本でも、何度か読むと、また感想が変わることもありますよね。

黒木 そうなんです! 「あのときはおもしろいと思って読んでいたけど、今は全然おもしろくないな」とか、「読み返してみたら、もっとおもしろい!」とか。自分の成長や体調などで、見る部分が変わっているのかもしれない。知っている本だけれど、時期によって新しく感じることがあるのも、本の魅力だと思います。

あとは、村上龍さんの『コインロッカーベイビーズ』も何度も読んでいます。何かを破壊していく雰囲気が大好き。破壊することって自分にはできないことだから、じぶんとは違う人が出ているってことに惹かれるんですよね。私はわりとマジメで破壊的なことはできないから、そういう人に憧れるのかもしれません。お芝居でもそうですけれど、自分にはとてもできないような、難しいことを軽々と超えていく人たちに憧れてしまいます。

コインロッカーベイビーズ

村上龍著/講談社文庫 ¥961

――愛してやまない本のなかで、No1.は?

黒木 No1は、嶽本野ばらさんの『ミシン』という本です。もう何度も読み返しています。野ばらさんのことは私が高校生のころからずっと大好きで、サイン会&握手会に行ったことがある唯一の作家さんなんです。野ばらさんの書かれる本は、洋服に対する愛情が深いんですよね。ロリータ系とかパンク系とか。メジャーなファッションではないかもしれませんが、その描写がものすごく魅力的で。文章から想像してみたり、実際に『ベイビーザスターズシャインブライト』という洋服のお店に見にいって「こんな感じなんだ!」と思ったりしたことも。自分では着ないのですが、眺めるだけでもおもしろいです。いろいろな意味で不自由な人がたくさん出てきて、その不自由さがすごくいとおしくて。まさに、偏った愛がある本……“偏愛”な本だと思います。おすすめです。

ミシン

嶽本野ばら著/小学館文庫 ¥483

元気がないときも、元気があるときも“お笑い”がそばにある

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事