女って楽しい♡ヘアメイク松田未来の「女を磨く美学」vol.3

SPECIAL 2018.8.11

新連載「女って楽しい♡ヘアメイク松田未来の『女を磨く美学』」では、美容業界に身を置くヘアメイク松田未来さんが、日々の暮らしの中で感じる“女磨きの美学”をテーマごとにお届け。第3回目のテーマは「魅力ある女性は、“背中”を磨くことで色気を纏う」です。「今よりもちょっぴり自分のことを好きになれるかも......」そんなワクワクが女磨きへの原動力になるはず♡

  • facebook
  • twitter

圧倒的なおしゃれセンスに憧れる人多数!ヘアメイク松田未来さんって?

松田未来(まつだ・みらい) ヘアメイクアップアーティスト

大阪の人気ヘアサロンにてトップスタイリストとして勤務後、東京に拠点を移し、ヘアメイクとしてのキャリアを本格的にスタート。ファッション誌、アパレルブランドのカタログ、ブライダルなど、さまざまなシーンで活躍中。青山の某サロンで、今もヘアスタイリストの仕事を続けている。仕事の様子や愛猫“マドレーヌ”との暮らしが垣間見られる、センス抜群のインスタグラムのフォロワー数は3.5万人越え。大人ガーリーな世界観に惹かれるおしゃれ女子が続出中。

ヘアメイクという仕事柄、女性の美しさに触れることの多い未来(みらい)さんの暮らしには、いたるところに彼女なりの美学が存在します。

例えば、部屋に花を絶やさないことだったり、ネイルの色に「好きだから」以外の理由があったり、普段は見えないパーツケアにこそ時間を注いだり......。未来さんが日常的に取り入れているこだわりは、どれも“自分を大切にする”ことばかり。自身を慈しむ行為は、小さな自信を生み、女性を美しくする作用があるのです。

この連載では、読むだけで女子力が高まる、未来さんならではの女磨きにつながる美学をあますことなくお届けします!

vol.3「魅力ある女性は、“背中”を磨くことで色気を纏う」

年齢を重ねるたびに、
心に色気が欲しくなる。

見せかけじゃない、
内側から溢れるものを。

溢れる色気や、女性らしさというのは、
1日や2日で纏えるものではない。

上辺だけではないものを持っている女性というのは、
気持ちいい自信の持ち方をしている。
人と比べるなんてことを、すっかり忘れるくらい自分自身に集中しているのだ。

綺麗になるための、努力を努力と思っていないし、
楽しんでやっている。

普段は見えない身体のパーツ。
例えば“背中”。

背中のケアって、
意外とやればやるだけ効果の出やすいパーツだったりもする。
なぜかというと日常で外気にさらされない分、紫外線や外からやってくる刺激とは無縁だから。

守られているパーツなのだ。

だけど、
汗をかきやすかったり、
お手入れを後回しにしてしまったり、
自分で直視することが少なかったりして、
背中というパーツに自信のない人が多いのも確かだ。

背中。
普段見ることができるのは、
お風呂の後にくるっと鏡に背中を向けたときの自分自身と
恋人くらい。

そんな特別なパーツを、
つるつるのすべすべに仕上げておくなんて、
なんて色っぽいことなんだろう。

顔のスキンケアは、
みんなやっているし、
みんなに見えるパーツ。

だけど、
普段は見えない“背中”を磨くことって、
特別なランジェリーを身に付けたとき以上に、
女性ホルモンが分泌される気がするのだ。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事